聖書

知的生活の模倣聖書

Webmaster's Note

現在、日本語訳聖書と言えば、新共同訳がスタンダードである。この聖書は教会の典礼で使われており、引用に使われているのも主にその訳文である。カトリックとプロテスタントが協力して翻訳したと言えば聞こえがいいが、妥協の産物と見る向きもある。また、各方面への配慮のために訳語が置き換えられ、訳文がぎこちなくなっているところもある。そのような事情で、カトリック信徒の中には、新共同訳以外の聖書を好む人もいる。そのようなわけで、新共同訳以外の聖書をいくつか挙げた。もちろん、数が多ければいいというものではない。だが、Webmaster はラテン語もギリシャ語もヘブライ語も読めないので、せめて複数の聖書を読み比べることで、その真意に迫りたいと思っている。

Bibles

『聖書−旧約・新約』 講談社 ★★ Amazon.co.jp 楽天ブックス

フェデリコ・バルバロ神父が翻訳した聖書。バルバロ訳とも。共同訳ができるまでは、カトリックの和訳聖書のスタンダードだったらしい。注釈や挿し絵がついていて便利。

『新約聖書 フランシスコ会聖書研究所』A6判 サンパウロ
『新約聖書 フランシスコ会聖書研究所』B6判 サンパウロAmazon.co.jp

日本語訳の美しさに定評があるカトリック聖書。合本は今のところ新約部分しかないが、注釈が多いので、少なくともギデオンの新約聖書(無料で配られて、ときどきネットオークションに出品されてる聖書)よりは初心者に相応しい。早く旧約との合本が発行されることを望む。

References

ジュゼッペ・リッチョッティ 『キリスト伝』 ドン・ボスコ社 ★★★ Amazon.co.jp 楽天ブックス

聖書学者であるリッチョッティ神父 Fr. Ricciotti が、福音書におけるキリストの生涯を、カトリック教会の伝承に基づいて詳述したもの。諸説がある場合には、どの説がどの点で有力かあるいは弱いのか、綿密に説明している。共観福音書ごとの記述の食い違いも、かなりの程度納得のいく説明がなされている。殊に、聖体の設定の箇所では、最後の晩餐におけるイエズスの言葉と行為を、十二使徒がどのように受け止めたが鮮やかに描かれ、感銘を受けた。B5判で800ページを越える大きな研究書で、値段もそれ相応だが、それ以上の価値はある。翻訳はフェデリコ・バルバロ神父。原題は、訳せば「イエズス・キリストの生涯」といったところか。

『新共同訳 聖書辞典』 キリスト新聞社Amazon.co.jp

新共同訳聖書には注釈がないので(厳密には巻末に簡単なグロッサリーはあるが)、こんなものもあると便利。

雨宮慧 『旧約聖書の預言者たち』 NHKライブラリー ★★ Amazon.co.jp

旧約の預言書を全部読むのは大変なことなので、まずこれを読んで概略をつかむといい。雨宮氏の講義を聴きたい人は、上智大学神学講座で受講することができる。また、FEBC というキリスト教ラジオ局でも番組を持っている。

『新約聖書外典』 講談社文芸文庫Amazon.co.jp

新約聖書外典とは、正典を決定する過程で除外された二級三級の文書群のことである。しかしその中には、大衆文学として好んで読まれたもの、一時期は聖典同様の扱いを受けていたものなどもある。そのため、部分的には現代の教会にも伝わっている。例えば、新約聖書にはマリアの両親について何も書かれていないが、その名前(ヨアキムとアンナ)を知っているキリスト教徒は少なくない。マリアの誕生からイエズスの出産までを描いた「ヤコブ原福音書」がその名を伝えているからである。この文庫では、11の文書を平易な訳文で読むことができる。

谷沢永一・渡部昇一 『「聖書」で人生修養』 致知出版社Amazon.co.jp

クリスチャンであり西洋文明に詳しい渡部氏が、国文学が専門で聖書を知らない谷沢氏と、福音書に記されたイエズスの言葉を一緒に読んでいくという趣向の対談本。その様子は、年輩の人に若者文化を体験させて反応を見るといったような、テレビの企画を思わせるものがある。しかしそこは「人間通」の谷沢氏、論語やロシュフーコーの箴言集を読むような態度でコメントをつけ、なかなか善戦している。この二人の対談ではいろいろな名前が飛び出すが、下の段に注釈が付いているので非常に助かる。

CD-ROM

『J-ばいぶる 1st 2000 CD-ROM Software』 いのちのことば社 ★★ Amazon.co.jp

複数の聖書本文から探したい語句のある節を検索するソフト。口語訳、新改訳、新共同訳、NKJV、TEV の5つの聖書本文を収録。聖書の語句を引用したくとも、それがどこにあるか分からないときは、このようなソフトが力を発揮する。私が持っているのは古い方の J-ばいぶる 1st だが、それでもそこそこ使うことができる。機能アップした現行バージョンなら、より快適に使えるだろう。

Quotes

魂の栄養と糧は神の言葉、すなわち、聖書の勉強とカテキズム(教理)である。 ― 聖ドン・ボスコ


Home Sitemap

Related Pages

英語聖書
公教要理
霊的読書
日記(霊的読書)
カトリック映画
カトリック聖人伝
キリスト教美術
カトリック書店・出版社

Recent Posts

Ads

Amazon.co.jp トップセラー 「聖書」

楽天ブックス ベストセラー

楽天トラベルの海外航空券、格安航空券予約。JALやANA、周遊や片道航空券の予約もオンラインで!

楽天で探す
楽天市場

知的生活の模倣     サイト概要  |  管理人プロフィール  |  友情リンク  |  サイトマップ  |  メール  |  旧日記  |  新日記  |