記事一覧

トップ > パソコン > 休日の機械いじりもまた愉し

休日の機械いじりもまた愉し

これまで古いノートパソコンのパワー不足に耐えてきたが、そろそろそれも限界に達しつつあったので、この際 CPU をアップグレードしてみたらどうだろうと考えた。

ネットから情報を集めて換装可能な CPU を特定し、その値段を調べてみると、かなり手頃になっていた。発売当時はその10倍以上はしていたのだから、不思議な感じである。

CPU とシリコングリスとが手に入ると、早速ノート本体を分解して交換に取り掛かった。CPU を取り替えたらまた組み上げて、電源を入れてみる。起動しない。また分解して点検する。もう一度組み上げて電源を入れる。これを何度か繰り返した後に、ようやく Windows が動くところまでこぎつけた。

この改造により、700MBもあるトリエント・ミサの動画(Uroczysta Msza sw. w rycie trydenckim)が、音ズレすることなく再生できるようになった。

かけた時間の割に得たものはこの程度だが、機械いじりそのものが愉しいので仕方がない。

related page(s) パソコン

コメント一覧