記事一覧

トップ > カトリック教会 > ワールド・ユース・デイには危険が潜んでいる

ワールド・ユース・デイには危険が潜んでいる

来年、スペインのマドリードでワールド・ユース・デイが開催されるが、そのプロモーションビデオを YouTube で見つけてしまった。だが、そのリンクをここで紹介しようとは思わない。

というのも、このイベントについては、もともとあまりいい話は聞いていないからである。参加してカトリック信仰を深めるどころか、若い男女が罪を犯して帰ってくるという噂も(真偽はともかく)あったほどだ。

噂よりも証拠・証言があれば確かなことが判るが、このワールド・ユース・デイがカナダのトロントで行われたときの様子を映像で伝えるDVDがある。

これは Catholic Family News のジョン・ヴェナリ氏が取材に行き、撮影したビデオを編集したものだが、その抜粋(Excepts: World Youth Day: Catholicism or Corruption?)だけでもその酷さが伝わってくる。

この動画を見て呆れてしまった人も、以前書いた伝統派カトリック学校の記事(長崎の信徒発見と聖ピオ十世会2)を読んで、いくらか希望を見つけてくれたら、と思う。

related page(s) カトリック教会

コメント一覧