記事一覧

トップ > カトリック教会 > 第二ヴァティカン公会議 > 「公会議の精神をねじ曲げた者が悪い!物語」はもう捨てよ

「公会議の精神をねじ曲げた者が悪い!物語」はもう捨てよ

第二ヴァティカン公会議後のカトリック教会の混乱について、公会議の精神を標榜して好き勝手なことをした者たちが悪いということにして、本来の「公会議の精神」に立ち返るべきだ、という議論があるが、果たしていかがなものであろうか。

そこで、このことを考えるために資料を用意した。次の年表は、聖ピオ十世司祭兄弟会関係の年表から抜粋して若干の編集を加えたものである。

1945年 ローマのアンジェリクム教皇庁立大学で、レジナルド師、ガリグ・ラグランジュ師、ラブルデット師などが、イエズス会士のダニエルー師、ド・リュバック師らの新しい神学に対抗して伝統的な神学を擁護する。(-1950年)
1950年 回勅『フマニ・ジェネリス』が発表される。ド・リュバック師などを暗に排斥する。聖庁はコンガール師の著作を危険視する。
1954年 聖庁はシュニュー師が教えることを禁止する。
1952年 2月以降、コンガール師のすべての著作はローマの検閲を受けなければならなくなる。ド・リュバック師の全著作もローマの検閲命令を受ける。
1954年 聖庁はカール・ラーナー師にミサの共同司式について沈黙を命ずる。
1962年 6月7日、聖庁はラーナー師の全著作を検閲することを決定。

ここに挙げられただけでも、何人ものリベラル神学者たちが、教会から異端の嫌疑をかけられ、制裁を受けていたことが分かるであろう。

しかし、これらの「前科者」または「容疑者」たちは、あろうことか公会議の顧問として迎えられ、その期間中に多大な影響を及ぼした。公会議の精神とは、彼らの精神と言っても過言ではない。いつまでこんなものを擁護し続けるつもりなのか。

コメント一覧