記事一覧

トップ > 2007年09月

多く買うか、少なく与えるか

今日、聖ピオ十世会の出版部である Angelus Press の司祭から、助けを求める電子メールが届いた。トリエントミサを解放する自発教令 Summorum Pontificum が出てからというもの、同社のミサ典書が売れに売れたため、緊急に増刷のための費用を工面しなければならないとのことだった。

いつも思うことだが、聖ピオ十世会の司祭たちが献金をお願いするときの文章は本当に丁寧だ。それはメールだったり教区報だったりするのだが、文面から伝わってくる心苦しさと奥ゆかしさに、いつも感心させられている。今回も例外ではなかった。後で英文修業の教材として筆写してみようかと思ったくらいだ。

さて、それだけ丁重なお願いをされた上に円高とあっては、さすがに何もしないという訳にはいかない。まず思いついたのは、Angelus Press の出版物を何点か購入するということだ。しかし、それだけの金額が出せるのならば、その半分でもそのまた半分でもカンパしたらいいではないか、という内なる声も聞こえてくる。どうしたものか。