記事一覧

トップ > 2008年03月

ルフェーブル大司教の命日に

一般のカトリック信徒に聖ピオ十世会やルフェーブル大司教のことを説明するのは、なかなか困難なことである。なぜならば、これは信仰に関わる問題であるのに、相手は信仰に基づいて受け止めてくれないからである。

無論、その人たちに信仰が無い訳ではない。ただ、何かを知らなかったり、忘れていたりするだけである。これから書こうとしていることも、何も難しいことではない。ただ思い出してもらうために書くのである。

related page(s) 聖ピオ十世会

コメント一覧

pinpincorori (04/08 12:45) 編集・削除

ルフェーブル大司教は、前の教皇によって破門となりました。この厳粛な事実はどうなるのでしょうか?小野田神父は、破門前のものを訳していますが、破門の事実について公表すべきものと思います。ラテン語ミサを崇敬するあるいはグレゴリオ聖歌でカモフラージュすることは人々を騙し惑わすと思います。
小野田神父は日本ではミサができないとなっていますが、どう理解すればよいのでしょうか。

管理人 (04/10 07:02) 編集・削除

>ルフェーブル大司教は、前の教皇によって破門となりました。この厳粛な事実はどうなるのでしょうか?

教会法の適用を間違っているので破門宣告は無効だと考えています。ただし、後の質問の回答に必要なので、以下鍵括弧付きで「破門」としておきます。

私はこの「破門」について説明するために弁明を書こうとしていますが、pinpincorori さんはそれがまだ始まったばかりだということを理解できているのでしょうか。

>小野田神父は、破門前のものを訳していますが、

1905年生まれで1991年に亡くなったルフェーブル大司教の主たる著作や説教が、1988年の「破門」以前のものであるのは当然過ぎるほど当然のことです。それでも pinpincorori さんは、小野田神父様が意図的に「破門」前のものを選んで翻訳していると言いたいのでしょうか。

>破門の事実について公表すべきものと思います。

聖ピオ十世会は、この「破門」に対する反論を会全体で行っています。小野田神父様も同様に、非公式サイトやメールマガジン、そしてブログの中で何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も取り上げています。そのうち早いものは少なくとも5年以上前からネット上に存在しています。今更何を公表すべきなのでしょうか。

>ラテン語ミサを崇敬するあるいはグレゴリオ聖歌でカモフラージュすることは人々を騙し惑わすと思います。

聖ピオ十世会は創立当時からトリエントミサを捧げグレゴリオ聖歌を歌ってきました。ある時から始めたならばいざ知らず、既に実践していることを継続することがどうしてカモフラージュになるのでしょうか。

>小野田神父は日本ではミサができないとなっていますが、どう理解すればよいのでしょうか。

こんな説明不足の質問をどう理解すればよいのでしょうか。逆にお聞きしたいです。

pinpinkorori Eメール URL (06/23 18:22) 編集・削除

 フランス司教協議会の教令1988年7月1日付によれば、教会法1364-1,1382の違反。聖座の意志に逆らいそして聖座の委任なく4人司教を叙階したことにより破門(excommunication)となっています。教令では以下計6名
Lefebre,Bernard Fellay,BernardTissier de Mallerais,Richard Williamson,Alfonso de Galaretta,Antonio de Castro Mayer
そして司祭信徒はとても重大な破門となるのでLefebreに従わないように警告しています。Lefebreに従うのではなく聖座に従う人々は喜んで向い入れ助ける姿勢となっています。聖座やその意思を尊重しないという致命的な欠陥により、この時からカトリック教会の外に存在しています。93年に叙階された小野田氏について出身地の教区長は聖職の行使は許されないとしました。それが「小野田氏は日本ではミサができないとなっています」の意味です。現在大阪東京でおこなわれている小野田氏のミサは、当該教区長の許可はとれないように、聖ピオ十世会はまったくの「離教」団体なので「カトリック」の名をつけることは許されていません。小野田氏は現在の身分が1988年の破門からの破門かどうか小野田氏御自身がよく存じておられるでしょう。なぜ日本にいられないか、ご自身がいちばんご存じでしょう。1988年の破門に際し7人の女性が「罰に値しない」との聖座に対して居直りをしてはっきりと「破門」されました。全く「破門」の意味がわかっていないようです。「教会の外には救いはない」という第2バチカン公会議以前の考えによれば、Lefebreは「破門」されて教会の外におかれ救いはなくなった。彼らの救いは彼らの好む公会議以前の考えに沿って文字どうり救いのないことになった。このカトリック教会の光を愚弄してきたLefebreの罪はほんとうに重い。どのように神の前でかれらは申し開きできようか?公会議前の考えでは「破門」されて「教会の外には救いはない」のだから。それとも自分たちの救いに関しては公会議の「教会の外にも救いはある」を適用してもらうように懇願するのだろうか?Lefebreのようにとんでもない「自己(正当化)しかない」人物に、小野田氏のように有能な一人の日本人がふりまわされていることにいきどうりさえ禁じえないのだ。天国で神学校をすすめたpereJacqueはお詫びしているのではないかとすら思うのだ。アナクロニックなLefebreのものを訳す労力をもっと別の将来の教会のためのものを訳すようにしたらどうであろうか。全く無駄で無意味なものです。フランス人のカトリック司教にしろ「破門されたLefebreのものを訳す日本人がいてしかも破門後に叙階までした日本人が存在する」ときいたら腰が抜けるくらい驚くだろう。なぜアジアの非キリスト教国でLefebreにこだわる理由は全く存在しないのに何故こだわるのかと驚愕するだろう。時代錯誤といっても過言ではないのです。

pinpinkorori Eメール URL (06/25 13:28) 編集・削除

現在大阪東京で定期的におこなわれているカトリック教会を破門されている小野田氏の「ミサ?」は、ミサ聖祭が、当該地の司教様と教皇様とカトリック教会に一致(communion)すべきものである以上、当然ながらカトリックの聖なるミサではありません。Mgr.Camille PERL(2002.04.15)によれば、カトリック信者は参加してはならないとしています。しかもたとえ葬儀や結婚式等でやむをえず参加した場合でも聖体拝領?は禁じられています。Mgr.Camille PERL(2002.04.15)によれば
それは聖体拝領の秘跡は、教会の一致(communion)でもあるからです。(教会一致を破った司祭や聖祭では、教会一致ができません。)
カトリック教会(教会が御聖体の秘跡を生み、そして御聖体の秘跡が教会をつくる)から自ら離反して聖体拝領による教会一致をさまたげてしまったからです。
1988年6月30日の破門以降、聖ピオ十世会はまったくの「離教」団体なので「カトリック」の名をつけることは許されていませんし普通のカトリック信者も参加したり関わりを持つことは大罪になる(カテキズムn2180-2183)とされています。
「木は実によって知ることができる」とはLefebvreが好んだ聖句だが、破門という実によってLefebvreの全業績を知ることができるわけです。
このカトリック教会の第2バチカン公会議(他の宗教に対するお詫びの公会議といわれる)の光の輝きを妨げてしてきたLefebvreの罪はほんとうに重い。
御父はすべての被造物におよび御父の救いの意思は他宗教の中にも必ず働いているはずだとして「教会の外には救いはない」から「教会の外にも救いはある」(諸宗教アシジの集まり)へと脱皮した公会議の光のかがやき。この光のかがやきによりカトリック教会はこれまで真理を独り占めしてきた誤りを認め他宗教に心を開いたのである。第2バチカン公会議は称賛し過ぎても賞賛しすぎるほどのないくらいカトリック教会の反省とお詫びの公会議でした。トップがお詫びするところから始まる公会議でした。(福者ヨハネ23世の開会の辞)
この公会議の功績は負をはるかに凌駕するものであり、これを批判することは天に唾することに等しい。あたかも破門されて教会の外に置かれてしまい「教会の外には救いのない」と信じたLefebvre氏らのように。

未承認 (04/04 15:32) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 (04/04 15:34) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 (04/04 15:35) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

カトリックの聖書にこだわりたい

『J-ばいぶる』という、各種聖書本文を自由自在に検索・比較できるソフトウェアがある。かつてその旧版を購入しただけでなく、ユーザー登録もしていたらしく、そのバージョンアップの案内が届いた。

新共同訳を使っていた頃ならともかく、今は特別料金でも購入したいとは思わない。やはり、バルバロ訳フランシスコ会訳など、純カトリックの聖書本文を利用したいのである。どこかカトリックの出版社が、それらを収めた類似品を作ってくれないだろうか。

related page(s) 聖書

あっという間に1年

昨年の聖ヨゼフの祝日に日記を立ち上げてから、今日でちょうど1年になる。当初からあまり書けなかったため、ある人(その筋では有名)からは2日に1度くらいは書くように励まされた。だが、期待に応えることができないまま1周年を迎えてしまった。

これからもそれほどペースは上がらないと思うが、ランキングのクリック数が増えると、プレッシャーを感じて少しは頑張るかも知れない。

消えたコンテンツ

今日、久しぶりに聖トマス・アクィナス神学校のウェブサイトを開いて驚いた。アーカイブのページから、神学生の歌ったグレゴリオ聖歌の録音が多数消えていたからである。これまで便利に利用していただけに残念だ。

もっとも、ChantCD.com がCDとして販売していた音源を、長きに渡り無料でダウンロードさせてもらっていたのだから文句は言えない。むしろ、今までの寛大さに感謝しなければいけないだろう(でも、やはり残念だ)。

今度はポスター作成作業へ

拉致問題を考える川口の会のために新しいチラシを作りたいと思いつつ2ヶ月以上過ぎた(厳密にはその間に別の目的のチラシを1枚作ってはいるのだが)。どうしても、次の署名活動までに何が必要か、限られた時間の中で何ができるか、ということの方を優先してしまうのである。

そうこうしているうちに、今度は6月29日(田口八重子さんが拉致されてちょうど30年に当たる日)に行われる集会のためポスターを作ることを引き受けることになった。昔から美術が苦手で才能に恵まれてはいないのだが、会にはパソコンの使い手が極端に少ないので仕方がない。

ともあれ、見栄えや美しさなんかよりも、注目されること、人を呼び込むことを考えたい。と言うより、それしか私にはしようがないのだ。

related page(s) 救う会

買い物は土曜日までに

誰も覚えていないとは思うが、かつてミサの帰りにCDを買ったことを日記に書いた(グレゴリオ聖歌のCDをまとめ買い参照)。だが、これはカトリック的にはあまり褒められたことではなかったらしい。というのも、その日は日曜日、つまり主日だったからだ。

「なんじ、安息日を聖とすべきことをおぼゆべし。」とは天主の第三戒だが、ミサに与るのはもちろんのこと、賃金を得るための労働を控えるだけでは十分ではない。厳密には買い物でさえも抵触するそうだ。買うことが許されるのはその日必要な最低限のものだけで、翌日以降の分をついでに購入するのも好ましくないとのことである。

そういうことを知って、日曜日に買い物を控えるようにしてみたが、思いの外難しくはなかった。また、以前よりも、主日に相応しい過ごし方というものを意識するようになった。確かにカトリック信徒たるもの、ミサの終わりまでが実質的な安息日というような具合では少し寂しい。

related page(s) 公教要理

映画「聖処女」を観て2

映画「聖処女」では、少女ベルナデッタの言うことを信じて洞窟の周りに集まる人が増える一方、それを馬鹿げた騒ぎとして鎮めようとする動きが描かれている。

ある日、ルルド市の当局が教区司祭のもとを訪れて助力を求めた。その際、市長は問題だと思っていることの一例を挙げた。

「台所用テーブルを祭壇に祈ってるんですぞ」

問題のテーブルはローソク台として使われており、祭壇という市長の認識は正確ではない。だが、このセリフには、新しいミサが導入される以前のカトリック的感覚が現れており、非常に興味深かった。

最後に一言補足しておくと、例え台所用テーブルではあっても、中央に聖遺物を置き、祭壇布を敷いてあれこれ整えれば、ミサのための立派な祭壇となる。

映画「聖処女」を観て

今年はルルドにおける聖母御出現150周年ということである。だが、これまでファティマばかり注目していたため、ルルドについてはあまり良く知らずにいた。

そこで、ルルドについていくらか知っておこうと、聖ベルナデッタを主人公とした映画「聖処女」のDVDを購入して、2回ほど鑑賞した。これは、聖人を取り扱った映画としては、今まで観た中で最上位のものであった。

さて、拙サイトには「カトリック映画」というページがある。実際にはそのタイトルよりも幅広く、カトリックに関係あるというだけでいくつかの映画を紹介している。しかし、「聖処女」のような優れた作品に触れてしまうと、関係があるだけの作品を取り除いて、別のページに分けてしまいたくなる。

そのページタイトルについては、とりあえず「カトリック風映画」「半カトリック映画」などを思いついたが、もう少し適当な呼び方はないかと思案中である。

どののだ?

先々月の話を今頃思い出した。他人には面白くないかも知れないが、私が書きたいので書くことにする。

それは、聖ピオ十世会のミサが始まる時刻の、少し前のことであった。ある信徒から「どののだは?」と訊かれて、何のことか分からず戸惑った。

よく覚えていないが、述語もあったように思う。それは「いますか?」だったかもしれないし、「どこですか?」だったかも知れない。とにかく、ある人物を探しているらしいことは了解できた。

その会場に来る人や来そうな人で、しかも質問者とつながりのある人。そして何より「どののだ」という響き。勘のいい人なら既に分かったかも知れない。私も2秒ほど考えて、やっとそれが誰であるか分かった。

そう、その人が探していたのは、「ドン・小野田」であった。

related page(s) 聖ピオ十世会

祈れぬ夜のために

アーノルド・ベネットの『自分の時間』という本に、「実際、ハズリットのエッセイを読んで、次の食事の前に何か詩を読んでやろうという気の起こらない人間がいるとは思われない。」という一節がある。それほど優れたエッセイかと、後年インターネットで探し当てプリントアウトはしたものの、最後まで読まずじまいで確認できていない。

そのようなことを思い出したのは、昨日『聖ヴィアンネの精神』を再読していたときのことである。この聖人の説教は、たった数ページを読んだだけでも、どこかに場所をみつけて祈りたくなるほどの力を備えている。なかなか祈ることができないと悩む人にはお奨めしたい。

related page(s) 霊的読書