記事一覧

トップ > 2008年09月

聖ヒエロニモの祝日に思う

今日は聖ヒエロニモの祝日であった。この聖人は「ウルガータ」と呼ばれるラテン語訳聖書で有名である。さすがに私はウルガータを使ってはいないが、その忠実な翻訳である Douay-Rheims Version や、「バルバロ訳」を好んで使っている。

原語からの翻訳でないという理由でこれらの聖書を批判する人たちもいるが、カトリック信徒としては、生きた言語としてのヘブライ語・ギリシャ語・ラテン語に通じ、必要とあらば当時の専門家から意見を聴くこともできた聖ヒエロニモの仕事を信頼し、その翻訳も信頼すべきではないだろうか。

コメント一覧

goodlitespeed URL (11/17 10:47) 編集・削除

初めまして。ウルガータ版聖書の日本語訳をしている者です。(上記のURL) いささか古い日記にコメントさせて頂きました。 Douay-Rheimus訳も参考にしていますが、必ずしも正確とはいえない気がします。さらに旧約聖書について現在流布している殆どの翻訳聖書が原本とした B.H.S. と、聖ヒエロニムス当時の人々が見ていたヘブライ語とにはかなり違いがあるであろう事も分かってきました。 お暇な時に拙訳をご覧いただけるなら幸甚です。

管理人 (11/17 22:55) 編集・削除

コメントありがとうございます。古い記事への投稿も特に差し支えございません。

さて、サイトは拝見しましたが、カトリック信徒としましては、失礼ながら特に興味は持てませんでした。

大天使聖ミカエルの祝日に思う

公教会祈祷文には、「聖会のための祈」というものがある。教皇レオ13世が作った、いくつかの祈祷からなる一連の祈りで、教皇ピウス11世及びピウス12世の命により独唱ミサの後に唱えられていたものである。大天使の祝日にちなんで、聖ミカエルへの祈りの部分を紹介しよう。

大天使聖ミカエル、戦いにおいてわれらを護り、悪魔の兇悪なる謀計に勝たしめ給え。天主のかれに命を下し給わんことを伏して願い奉る。あゝ天軍の總帥、霊魂をそこなわんとてこの世をはいかいするサタン及びその他の悪魔を、天主の御力によりて地獄に閉込め給え。アーメン。

教皇パウロ6世の典礼改革によって、「聖会のための祈」はミサ典書から削除され(もしもオプションとして残されているならばご指摘を願う)、全世界的にほとんど唱えられることがなくなってしまった。この事情について、Catholic Cartoon Blog の主が、Feeling the Maytag Man's pain... と題して秀逸な風刺画を描いているので、一度ご覧いただきたいと思う。

related page(s) カトリック典礼

麻生内閣誕生と拉致問題

昨日、麻生太郎議員が内閣総理大臣に指名され、早速組閣が行われた。拉致問題という視点から見ると、官房長官が担当となり、中山恭子議員が外れた。家族会はそのことで失望しているようである。彼女が精神的な支えになっていたことを考えると、その心情はよく理解できる。

しかしながら、拉致被害者家族の支援者としては、福田内閣などというものを経験し、小沢内閣の可能性さえ否定できない現在、内閣の顔ぶれで一喜一憂している場合ではない。誰が首相になろうが、誰が拉致問題担当になろうが、国民が声を上げ力を合わせて国を動かしていくという意気込みこそ必要である。

信仰者としてのゼノ修道士を知りたい

横浜で行われた「ゼノ修道士写真展」(聖母の騎士社主催)を見に行ったのは、約1週間前のことだ。それ以来、関連の本を読み返したいと思いながらなかなか実現できずにいたが、ようやく『風の使者・ゼノ神父』(現在は『風の使者ゼノ』と改題されて別の出版社から出ている)を読み返すことができた。

ゼノ修道士といえば、戦災孤児の救出活動を取り上げるのが普通であり、この本も例外ではない。また、長崎での修道生活にしても、その清貧ぶりが興味の中心となってしまうのも致し方ないだろう。まして著者はカトリック信徒ではない。

しかし、日本宣教のためマキシミリアノ・コルベ神父から選ばれ、すぐ傍らで何年も働いていたブラザーであるだけに、その信仰についてももっと知りたいという気持ちは抑えられなかった。主たるものは既に読んでいると思うのだが、何か他にあるだろうか。

福田首相の辞任を無責任と言うのはどうか

福田首相が突然に辞意を表明した。

早速マスコミが、番組の出演者や一般の人にコメントを求め、「無責任だ」という反応を引き出している。それはそれで、責任ある地位を投げ出した者に対する、率直な感想なのだろうと思う。

一方、野党の党首や議員のように、明らかに現政権の継続を望んでいない立場から「無責任だ」という声が挙がるのは、どうも違和感を覚える。「無責任だ」という非難は、論理的には「責任を全うすべき」ということを含意するのだから。

コメント一覧

管理人 (09/07 23:28) 編集・削除

コメントが1件ございましたが、エントリーと無関係かつ宣伝目的のようなので削除させていただきました。