記事一覧

トップ > 2008年12月15日

正平協問題の根本はどこにあるのか6

今回は、聖ピオ十世会のウィリアムソン司教がアルゼンチンの神学校に異動する直前に書いた書簡「カール・ラーナー、第1の過失者」を紹介したい。信仰が変わると司祭職のあり方まで変わってしまうということが、簡潔に説明されているからである。

以前に正平協問題の根本はどこにあるのか4で紹介したフライヤーは、これを図式化したものであろう。