記事一覧

トップ > 2010年05月

聖ジャンヌ・ダルクの祝日に

今日は聖三位一体の祝日であったが、確か聖ジャンヌ・ダルクの祝日でもあったのではと思ったら、果たしてその通りであった(少なくとも旧典礼暦では)。

そこで、イングリッド・バーグマンが主演する、映画「ジャンヌ・ダーク」の廉価版DVDを引っぱり出して観ることにした。

もちろんストーリーは分かり切っていたが、シャルル7世の戴冠式、グレゴリオ聖歌(Veni Creator Spiritus)、異端審問、ラテン語で読み上げられる破門宣告、司祭と侍者たちとが唱える聖マリアの連祷など、興味深いシーンが多々あり、145分はあっという間に終わったという印象だ。

related page(s) カトリック典礼

聖ペトロ会の司祭が日本に来るのはいつの日か

聖ペトロ会のことで気になることがあって調べものをしていたら、興味深いページ(Where are we? Mass and apostolat locations of the Priestly Fraternity of St. Peter)に遭遇した。聖ペトロ会のトリエント・ミサがどこで行われているかを示す世界地図である。

一見して判るように、ほとんどがヨーロッパと北アメリカに集中している。同会がアジア管区(またはアジア・オセアニア管区)を設立するまでに、これから何年かかるのだろうか。日本に司祭を送るまでは、さらに何年かかるのだろうか。

related page(s) トリエント・ミサ

反カトリック感情を助長してまでやることか

最近、YouTube で「カトリック」をキーワードに検索すると、「反日に狂奔する日本カトリック教団の偽善を糾す」と題した動画が目立つ。

日本のカトリック司教団がこのような非難を浴びるのはある程度自業自得だと思っているので、どうとでもなれ、好きにやってくれ、という気分があることは否定しない。

しかし主催者側は、司教団批判を飛び越えて、反カトリック・反キリスト教的な姿勢を露わにしている。いかに正平協に反感を持つカトリック信徒でも、そう簡単には同調できない雰囲気だ。

そのような性格にも関わらずこの運動と連携する女性のカトリック信徒がいるが、まるで、日本の国会議員でありながら韓国で行われた反日デモに参加した岡崎トミ子(民主党)を見るような思いである。

related page(s) カトリック教会

コメント一覧

明石 (05/26 21:20) 編集・削除

ある動画で彼女は、何度も「トイレ行きた~い」と街宣用のマイクで車中から絶叫していました。移動中の高速道路上のようでしたが、こういう痴態を演じている人がなんとカトリック教会のオルガニストとは、嘆かわしい限りです。

通りすがりは説教するべからず

説教と言うか教育と言うか、とかく人間の言動を変えよう、改めさせようとするならば、それは「教える-教えられる」という関係を媒介にして初めて可能になるということを知らなければいけない。

そのような人間関係を構築することもなく、ああしろ、こうしろ、かくあるべきだ、と言っても、聞き入れられることはまずない。まして、インターネットのように水平な関係が基本にあるような空間では、なおさら困難である。

それくらいなら、書かれた言葉だけを対象にして淡々と揚げ足を取る方が、まだ上等に思われる。

口語の天使祝詞に違和感を覚えるカトリック信徒へ

口語の天使祝詞を初めて知ったのは、求道中だったか洗礼を受けて間もない頃だったか忘れてしまったが、それが聖イグナチオ教会でのことだったのははっきりと覚えている。

ミサの始まる前に司会の先唱で始まった、耳慣れない祈りがそれだった。そのときは、文語とのあまりの違いに、唱え終わってから天使祝詞だと気が付いた次第である。

さて、この口語の天使祝詞だが、ご存じのように、文語と比較したときのリズムや言葉遣いもさることながら、いくつかの言葉が抜け落ちているのは致命的と思える。そのため、この口語の祈りは保守的なカトリック信徒の間で評判が良くない。中には、断固として文語で祈り続ける決意をしている信徒もいる。

そこで思うのだが、口語の天使祝詞に違和感を覚えるそのセンスでもって、新旧のミサ式次第を見比べてみたらどうだろうか。きっと新しい発見があるはずである。願わくはその鋭敏な感覚が、旧ミサと聞いた途端に鈍ることのないように。

ミサが違っても信仰は同じか2

昔の日記を見返してみて、動画でもっと分かりやすく補足できるではないか、と思った記事がある。それは、ミサが違っても信仰は同じかという、新旧ミサの入祭について触れたものである。

トリエント・ミサの動画を紹介しても良かったが、小野田神父様が YouTube にアップロードした動画(聖伝のミサの捧げ方 チュートリアル動画(1)及び聖伝のミサの捧げ方 チュートリアル動画(2))の方が便利だ。肝心な所が2つの動画にまたがってはいるものの、日本語の解説が入っているので補って余りある。

ちなみに、後半の動画で「祭壇の階段を昇りながら、沈黙のうちに Aufer a nobis の祈りを唱える」という解説が入る。この Aufer a nobis の祈りが、古い記事で引用した「主よ、願わくは、われらより罪を遠ざけ・・・」である。

休日の機械いじりもまた愉し

これまで古いノートパソコンのパワー不足に耐えてきたが、そろそろそれも限界に達しつつあったので、この際 CPU をアップグレードしてみたらどうだろうと考えた。

ネットから情報を集めて換装可能な CPU を特定し、その値段を調べてみると、かなり手頃になっていた。発売当時はその10倍以上はしていたのだから、不思議な感じである。

CPU とシリコングリスとが手に入ると、早速ノート本体を分解して交換に取り掛かった。CPU を取り替えたらまた組み上げて、電源を入れてみる。起動しない。また分解して点検する。もう一度組み上げて電源を入れる。これを何度か繰り返した後に、ようやく Windows が動くところまでこぎつけた。

この改造により、700MBもあるトリエント・ミサの動画(Uroczysta Msza sw. w rycie trydenckim)が、音ズレすることなく再生できるようになった。

かけた時間の割に得たものはこの程度だが、機械いじりそのものが愉しいので仕方がない。

related page(s) パソコン