記事一覧

トップ > 2011年01月24日

エクレジア・デイ傘下の修道会が日本に来る可能性はあるか2

もしも、エクレジア・デイ委員会傘下の伝統派修道会を教区内に受け入れるとどうなるか。

その小教区の信徒の堅振は、教皇パウロ6世によって改訂された現行のやり方ではなく、伝統的なやり方で行うことになるだろう。すなわち、司教が自らトリエント・ミサを行い、そのミサの中で堅振式も行うのである。

そうなれば大変結構なことだが、果たして司教の方にそれだけの覚悟ができるのかは疑問である。