記事一覧

トップ > 2011年08月

第二ヴァティカン公会議を受け入れていないのは誰か

最近はそう多くもない気がするが、聖ピオ十世会は第二ヴァティカン公会議を受け入れていないと非難するカトリック信徒がいる。

それでは、受け入れているという教会の実状はどうか。

例えば典礼憲章について言えば、ラテン語の使用についても、グレゴリオ聖歌の扱いについても、無視または逆行しているとしか言いようがない状態である。

また、公会議文書は、神学校でラテン語とトマス哲学とを教えることを定めているが、これも十分にはなされていないはずだ。

問題はこの2点だけかも知れない。だが、いずれも聖ピオ十世会にはるか及ばない実施状況だ。普通なら「他人のことは言えない」と感じるところではなかろうか。

これに関連して、ルフェーブル大司教の次の言葉は頭に入れておいた方がいい。

私はこの公会議と改革の中で、聖伝と完全に調和するものを全て受け入れています。私が創立した事業がそのことを十全に証明しています。私たちの神学校はとりわけ公会議によって表明された望みとカトリック教育聖省の「基本理念 Ratio fundamentalis」に完全にかなっています。

related page(s) 聖ピオ十世会

聖ピオ十世会総長が来月ローマを訪問へ

聖ピオ十世会の総長フェレー司教は、教理省長官レヴェイダ枢機卿の「招き」(この部分は如何様にも解釈できるが)によりローマに行くことを、叙階式の説教(2011年6月17日、ウィノナで行われた叙階式でフェレー司教様がされた説教)の中で明かしていたが、その日付が聖十字架称讃の祝日9月14日に決まったそうである。

当日のことはどうなるか分からないが、何かよい知らせがあるよう祈るだけだ。

related page(s) 聖ピオ十世会

だったらその前に

聞くところによると、元巨人軍の長嶋茂雄氏は並はずれてカンが鋭かったそうである。例えば「あのピッチャー、打たれるぞ」と言い出すと、かなりの確率で的中したらしい。確かにそれは凄いことではあるが、周りの者はこうつぶやいていた。「だったらその前に交替させればいいのに・・・。」

それはさておき、もう日本のカトリック新聞でも報道された通り、今年の6月下旬から7月上旬にかけて行われた聖ピオ十世会の神学校における司祭叙階式を、あるヴァティカン高官が「違法」と表明したとのこと。

海外のとあるブロガーはよほど嬉しかったのか、「ほら見ろ」と言わんばかりにこの話を紹介していた。

しかし、よく考えてみて欲しい。「違法」と認識しているならば、何か事前に手を打たなければいけないではないか。

にもかかわらず、叙階式を中止させようとも延期させようともせず、司教をローマに呼び出すこともなく、叙階を受ける神学生に聖職停止の脅迫もせず、信徒に不参加を呼びかけることもしなかった。そして、全ての日程が終わってしまってから口先で「違法」と言ってみせた。それが全てなのである。

仮にも聖ピオ十世会の批判者であるならば、「だったらその前に・・・」と当局の不作為を嘆くのが正常な反応というものだろう。

related page(s) 聖ピオ十世会

ウッドストックに例えられるワールド・ユース・デイ

最近、ヴァティカンの信徒評議会次長が、オッセルヴァトーレ・ロマーノ紙に対し、ワールド・ユース・デイは「カトリック版のウッドストックではない」と語ったそうである。

果たしてその通りであるかどうかは、かなりの程度主観の問題なので、ここでは立ち入らない。

ただ、このイベントがどのような噂を立てられているかということだけは、はっきりしたと言えそうだ。

カトリック信徒のプライドはどこへ行ってしまったのか

受洗して1年か2年くらいの頃、フランス・ルルドにおける夥しい奇跡的治癒のうち、カトリック教会から奇跡と認定されているのはほんのわずかだという話を聞いた。

奇跡は教会の強力な宣伝材料にもなりうるだろうに、そう簡単に認めないところが、カトリック信徒としてとても誇らしかった。このような態度こそ、真の宗教に相応しいと思ったものだった。

このようなプライドを、カトリック信徒は程度の差こそあれ共有していると思っていたのだが、どうもそれは幻想だったらしい。

最近の、カトリック教会史上例がないほどに早かったり多かったりする列福・列聖は、以前に比べ奇跡がやすやすと認められていることを意味する。これに対して違和感を覚える聖職者や信徒の何と少ないことか。

コメント一覧

ちいさな信徒 (07/22 20:17) 編集・削除

ごもっともだと思います。
近頃のミサはいろんな楽器を使った楽団まがいの演奏でうるさくて、聖歌も変なメロディの一般の歌と変わらないもので、敬虔さも美しさも感ぜず、ミサにあずかった気がしません。
昔のミサは静かで真にキリストと一致して祈り、癒され
力を授かったものでした。
あのカトリックはどこへ行ってしまったのでしょうか。
開かれた教会とは賑やかで新興宗教にも似たカトリックの
ことなんでしょうか?

未承認 (02/20 05:17) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 (02/20 05:32) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 (02/20 17:34) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 (02/20 17:38) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

未承認 (02/27 20:15) 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。