記事一覧

トップ > 未分類・その他 > コボちゃんに妹が誕生したのを歓迎する

コボちゃんに妹が誕生したのを歓迎する

聞くところによると、読売新聞朝刊の四コマ漫画「コボちゃん」が連載1万回を数え、この機に主人公の妹を誕生させたそうである。

この知らせを聞いて、個人的にはとても嬉しく思っている。といっても、別に感情移入をしていたわけではなく、常々感じていた不満が一つ解消されたからである。

その不満とは、この家庭にはもう一人子どもがいてもいいのではないか、ということである。それは、産経新聞に連載されている「ひなちゃんの日常」にも感じることだ。

少子化対策のためにマンガがあるわけではない。だが、毎日多くの国民の目に触れるのだから、積極的に新しい家族を誕生させ、その喜びを描くことは大きな意義があると思われる。

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
投稿キー
投稿キーには「」と入力してください。(スパム対策。)