記事一覧

トップ > パソコン > 紙詰まりエラーで動かないプリンターを捨てる前に試したいこと

紙詰まりエラーで動かないプリンターを捨てる前に試したいこと

昨夜、文書をプリンターで印刷しているときに、紙詰まりを起こしたというメッセージが画面上に出た。

そこで、詰まった紙を取り除こうとしたのだが、少なくとも目に見える範囲内では、紙など詰まっていない。破れた紙の一部が残っていることも考えにくい。しかし、リセットボタンを押しても紙詰まりエラーは解除されない。

ネットで調べると、電源コードを抜いてしばらく(一説には20分くらい)放置すればエラー情報がリセットされるというので試してみた。確かにエラーは解除され、用紙1枚をスムーズに送り出したが、どういう訳かありもしない紙詰まりをまたもや検知してしまう。

さらにネットで調べたところ、紙詰まりセンサーが故障しているか、ゴミの付着で誤作動しているかのどちらかである、というところまで突き止めた。

もしも原因が前者ならばどうやってもお手上げである。しかし後者ならば、紙の通り道をブロアーか何かで吹いてやれば解決するかもしれない。

あいにくブロアーが手元になかったので、強い息を何度か吹きかけてみた(決してその姿を想像しないように)。十分とは思えなかったが、これしかできないので仕方がない。

そして、再びコードをつないで電源を入れてみると、ありもしない紙詰まりを検知することもなく、普通の状態に戻った。今は何事もなかったかのように動いている。

今回はたまたま運がよかっただけだが、こんな報告でも何か参考になれば幸いである。

related page(s) プリンター

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
投稿キー
投稿キーには「」と入力してください。(スパム対策。)