記事一覧

トップ > カトリック教会 > カトリック典礼暦 > ウィリアム王子の結婚式はなぜ4月29日なのか

ウィリアム王子の結婚式はなぜ4月29日なのか

イギリス王室のウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんとの挙式が、来年の4月29日に決まったことが報じられている。場所はウェストミンスター寺院とのことである。

ところで、なぜこの日なのか。細かい日取りのことは流石に分からないが、4月の下旬という時期が選ばれた理由ならば、キリスト教徒は大体気が付く。少し鈍い信徒でもヒントを出せばまず分かるだろう。

その鍵は典礼暦にある。典礼の季節によって結婚に相応しくない時期があって、来年の場合なら4月24日の復活祭までの約1ヶ月半がその時期に当たる。裏を返せば、復活祭を迎えたら盛大に祝い事ができる、ということである。

そのようなわけで、まるで待ちかねたかのように、復活祭から間もない29日に結婚式を挙げるのである。以上は推測だが、まず間違いなかろう。

related page(s) カトリック典礼

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
投稿キー
投稿キーには「」と入力してください。(スパム対策。)