記事一覧

トップ > カトリック教会 > 正平協と司祭職 > 正平協には正平協の辻褄がある2

正平協には正平協の辻褄がある2

伝統派のカトリック司祭や信徒はときどき、「ノヴスオルドの司祭」という言い方をする。

これは、単に「ノヴスオルド・ミサを捧げている司祭」を意味するものではない。罪・贖い・ミサ聖祭・秘蹟・司祭職などについて、伝統的養成とは異なる体系を身につけた司祭という含みがある。

こうして、「昔のミサでは司祭が会衆に背を向けていた」「これからは教会の外に目を向けなければいけない」などと教えられ、受け入れてきた司祭たちなら、正平協の活動に聖職者としての使命を感じることすらあるだろう。

related page(s) カトリック典礼

コメント一覧

未承認 2014年08月06日(水)21時43分 編集・削除

管理者に承認されるまで内容は表示されません。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
投稿キー
投稿キーには「」と入力してください。(スパム対策。)