記事一覧

トップ > カトリック教会

典礼聖歌の想い出

大学や一般の合唱団でラテン語のミサ曲やレクイエムを歌ったことのある人はかなりの数いるはずだ。私もその中の一人であった。

それで、カトリック教会ではその経験が活かせるのではないかと甘い考えを抱いていたのだが、いざ通いだしてみると、ラテン語どころか日本語ばかりで、しかも妙なメロディーの典礼聖歌が歌われていて、とてもがっかりしたものである。

しかし、慣れというものは恐ろしい。知らぬうちにその聖歌を一生懸命に歌うようになっていた。また、いわゆる「下のパート」を任されて、苦手な低音を頑張って出そうとしていたこともあった。

後に典礼聖歌を歌わずに済むようになり正気に戻ることができたが、あの頃は一体何をしていたんだろう、と今でも思う。

related page(s) カトリック典礼

慶応義塾大学で「異端的」神学講座を開催中

カトリック東京大司教区の情報コーナーというページでは、各種の講座・研修会が案内されている。

その中に、「現代カトリック神学研究 ~時代と格闘する神学者たちの思索への巡礼と対話~」と題する連続講座があり、慶応義塾大学で月に1度行われている。

さて、その講座で取り上げられている「神学者たち」だが、かなり問題があると言わざるを得ない。というのも、第ニヴァティカン公会議の前までは異端の嫌疑をかけられ、教会から大なり小なり制裁を受けていた者が多数含まれているからである。

そのうち3名(イヴ・コンガール、アンリ・ド・リュバック、カール・ラーナー)の経歴については、聖ピオ十世会総長のフェレー司教講話:教会の状況及び聖ピオ十世会とローマとの関係(1)で述べられている。

それを読めば、なぜ「異端的神学講座」という強烈なタイトルをつけたのかも分かることだろう。

知らないうちに始まり終わっていたキリスト教一致祈祷週間

この時期、キリスト教一致祈祷週間なるものがあるとは聞いていたが、いつの間にか終わっていた。あまり関心を持っておらず、カレンダーにも記録しておかなかったためである。

だが、もともとカトリック教会は「信仰の一致」のために祈っていたのではないか、と思いつつ調べてみると、やはり公教会祈祷文に「信仰の一致を求むる祈」というのが見つかった。しかも、「一月十八日より二十五日迄、信仰の一致の祈願週間に唱える」とある。

きっと、信仰の一致の祈願週間から「信仰」が抜け落ちてしまったものが、現在のキリスト教一致祈祷週間なのだろう。

related page(s) カトリック教会

コメント一覧

パウロ (02/22 05:38) 編集・削除

最近、なまけてやせんか?

管理人 (02/22 22:09) 編集・削除

それがどうかしましたか?

エクレジア・デイ傘下の修道会が日本に来る可能性はあるか2

もしも、エクレジア・デイ委員会傘下の伝統派修道会を教区内に受け入れるとどうなるか。

その小教区の信徒の堅振は、教皇パウロ6世によって改訂された現行のやり方ではなく、伝統的なやり方で行うことになるだろう。すなわち、司教が自らトリエント・ミサを行い、そのミサの中で堅振式も行うのである。

そうなれば大変結構なことだが、果たして司教の方にそれだけの覚悟ができるのかは疑問である。

エクレジア・デイ傘下の修道会が日本に来る可能性はあるか

既に、聖ペトロ会の司祭が日本に来るのはいつの日かで書いたように、現在の状況からすると、近い将来に聖ペトロ会の司祭が日本に来ることは考えにくい。他の小さな修道会ではなおのことである。

これだけでも絶望するのに十分だとは思うが、他にも重大な問題がある。

これら伝統派の修道会は修道生活を重視しており、司祭を常駐させるときは基本的に3人以上、最低でも2人と決めている。従って、それだけの人的資源を割くに相応しい数の信徒がいることが大前提である。

また、月に1度というようなペースで司祭を派遣する場合にしても、渡航費と滞在費の問題を解決しなければならない。やはりこれも、それなりの信徒数を必要とするだろう。

エクレジア・デイ傘下の修道会で叙階された邦人司祭が休暇で帰国中に行うトリエント・ミサを除いては、今のところ望みが薄いとしか言いようがない。

エクレジア・デイ委員会はどこまで信頼できるのか

トリエント・ミサを希望して、エクレジア・デイ委員会に期待をかけているカトリック信徒がいるようだが、残念な結果になりそうな気がしてならない。

そもそもこの委員会はトリエント・ミサを広めるためにあるのではない。確かにトリエント・ミサの挙行は許可するが、実は一方で少しずつノヴスオルド・ミサを受け入れさせる工作をしていたのである。

例えば、聖ペトロ会の第2代総長を選挙で選ばせず、ノヴスオルド・ミサ容認派司祭を任命したり、聖ヨハネ・ヴィアンネ会の総長をノヴスオルド・ミサの共同司式に参加するよう仕向けたり、ということが実際にあった。

それもそのはず、この委員会には日常的にトリエント・ミサを行うような枢機卿や司祭はいなかった。カストリョン・ホヨス枢機卿がときどき傘下の修道会で叙階式を行っていたが、他の委員に至っては噂すら聞かない。2009年になってようやく伝統派修道会からの委員が2名加わったというのが実状だ。

ちなみに、信仰教理省の長官にしてエクレジア・デイ委員会の長も兼ねるレヴェイダ枢機卿は、かつて大司教であったとき、教区内でのトリエント・ミサを許可しなかったそうである。

天使祝詞を語るならミサ典文のことも語ってみてはどうか

新しい口語の天使祝詞「アヴェ・マリアの祈り」の試用が始まってから1週間になる。その間に主日のミサもあったから、あちこちでこの祈りが話題になったに違いない。

その議論を集約すると、冒頭の「アヴェ」に違和感がある、抜けていた語が補われたのは一歩前進だ、あれこれの訳語にはまだ問題が残る、といったところではなかろうか。

そうやって祈りの文言についていろいろと語るだけの見識があるならば、是非ともノヴスオルドのミサ典文についても語ってほしいものだ。いかにラテン語規範版に忠実に訳されていたとしても、トリエント典礼と比較すると驚くほど内容が落ちているからである。

例えば、ミサ聖祭の初めにある告白の祈りから、聖人と大天使の名前がごっそり削られていること、御血の聖変化の言葉から「信仰の神秘」が切り取られて、別の所で唱えられていること、御聖体を信徒に授けるごとに唱える祈りが、ほとんど原形をとどめていないこと、読誦ミサの後に唱えられていた「聖会のための祈」が削除されていること、などなどの問題点が見つかるはずだ。

とりあえず今日のところは、過去のエントリーより、トリエント・ミサから新しいミサへの移行ミサ典書から閉め出された諸聖人大天使聖ミカエルの祝日に思う大天使聖ミカエルの祝日に思う2あたりを読んでみるといいだろう。

無料で手に入れることができる2011年度典礼カレンダー

来年度のトリエント典礼のカレンダーを手に入れようと思っても、日本のカトリック書店にはまずない。だからといって海外から取り寄せるのは時間がかかる。下手すると、届くのは来年になってからだ。

少し長い目で見れば、1月にカレンダーが届いても決して遅くはない。しかし、それでは落ち着かないという人のために朗報がある。

近頃、オーストラリア・ブリスベンにある聖ピオ十世会の教会が来年度の典礼カレンダーを編集し、PDFファイルとしてアップロードした。現在、クイーンズランド地区のページよりダウンロードできる。

祝日など、あくまでオーストラリア国内用であり、かつ教区用ではあるが、注文したカレンダーが届くまでの一時しのぎには使えるだろう。

related page(s) カトリック教会

「アヴェ・マリアの祈り」を批評してみようかと思ったが

これまで口語の天使祝詞として使われてきた「聖母マリアへの祈り」が不評のため、これに代わる改正案「アヴェ・マリアの祈り」が作られ、試用が始まったそうである。

そこで、この新しい祈りについて批評をしてみようかと思ったのだが、やめておくことにした。

仮に、やれここがおかしい、こう直すべきだと提案したとしよう。さらに、それが受け入れられて、正式版に反映されたとしよう。

そうなったら、その理想的な祈りを使うことにするだろうか。一応は評価しつつも何やかや理由を付けて、文語の祈りを使い続けるのではないだろうか。

それくらいなら、さらっと「まだ文語の方がいい」と言ってみせるのがスマートだろう。

related page(s) カトリック教会

エキュメニズムはインマクラータ(無原罪の聖母)の敵である

昨日までの数日間、マキシミリアノ・コルベ神父のことば集である『無原罪の聖母』を読み返していたが、反省することばかりで辛い読書であったことを告白しておく。

さて、聖母の祝日は過ぎてしまったが、この機会に、小野田神父様のブログより、インマクラータ vs エキュメニズムという記事を読むことを奨めたい。引用2点のほんの短いエントリーなのでそれほど時間はかからない。

これを読んでもまだエキュメニズムに未練があるならば、拙記事で恐縮だが救霊の観点からエキュメニズムを考えるとを読んでもらいたい。何か思うところがあったらコメントを書いてもらって結構である。

related page(s) コルベ神父