記事一覧

トップ > 地元生活 > 電車・バス > 女性専用車両がお目見え

女性専用車両がお目見え

今日から埼京線に女性専用車両が導入された。一般論として、女性の特別扱いはどうかとは思うが、痴漢からの保護を目的としたものならばいたしかたあるまい。

男としては、間違って女性専用車両に乗ってしまわないかどうかが心配だ。普段使わない駅だったり、急いでいるときなど、標識に気が付くとは限らないからだ。専用車両をピンクにでも塗ってもらえれば、一目瞭然なので有り難い。また、女性がその専用車両へと車内をぞろぞろ移動するのは、自分たちが疑われているようで居たたまれないだろうが、それくらいは耐えてもいい。

そうして専用車両ができたことにより、普通車両内の女性の比率は減るわけだが、そのために女性にとってかえって危険な状況が生まれはしないだろうか。普通車両で痴漢に遭った女性は、「なぜ専用車両に乗らなかったのか」と、まるで落ち度があったかのように非難されてしまうのだろうか。また、(年齢や、言いにくいが・・・容姿の点で)痴漢から狙われる可能性の比較的少ない女性が、専用車内で冷たい視線を浴びないだろうか。男が心配しても仕方あるまいけれど。