記事一覧

トップ > 憂国 > 国防 > 『民間防衛』のスゝメ

『民間防衛』のスゝメ

我が国は、中国・韓国・北朝鮮との間でさまざまな問題をかかえており、最近特に緊張の度合いを増している。これらの国々の干渉はともかく、同じ主張をする者が日本人の中にもいることを考えると、対日工作員が送り込まれているのではないかと疑ってもよいだろう。

そのようなおり、『民間防衛』という本があることを思い出した。これはスイス政府が編集した、国民の国防意識を高めるための本である。私が持っているのは古本屋で見つけたもので、実のところあまり読まずにいたのだが、あらためて読みたくなった。また、そう思う人は私だけでもないようだ。

最近になってこの本に注目するようになった日本人が、少ないながらもいる、ということを知り合いのスイス人に話したら驚いていた。スイスでは、東欧からの脅威がなくなったこともあって、今はそれほど読まれていないとのことである。

related page(s) 憂国