記事一覧

トップ > 製本 > レーザープリンターが欲しい

レーザープリンターが欲しい

数日前に製本した公教要理の校正はまだ続いている。何度も目を通しているつもりなのだが、ふとしたときに新しい誤字が見つかる。本文はもともとスキャナーで取り込んだものらしく、間違った箇所でも字体が似ているので見つけにくいのだ。今日も濁点と半濁点の誤りを見つけた。より正確さを期すためには、自分だけでなく、他の人にも見てもらう必要があるだろう。

そうやって、目を凝らして間違いを探していると、活字の汚さが目に付く。しかも、日を追うごとに許せなくなってきた。フォントのせいかとも思ったのだが、どうも違うようだ。滲みの少ない顔料インクとはいえ、インクジェットプリンターで印刷しているのが原因であった。

公教要理は、これからもたびたび参照するであろうから、その度に活字が気になるようでは困る。どうせモノクロ印刷でもあるし、レーザープリンターで印刷してみたいと思う。先立つものも気になるが、中古なら何とかなるのではないか。