記事一覧

トップ > 事件簿 > 殺人事件に関する愚考

殺人事件に関する愚考

高校1年の男子生徒が、女子生徒が同級生を刺殺したという事件が報じられた。男が(元)交際相手の女性を殺した場合、その理由はたいてい、別れ話を切り出されて、復縁を迫ったが断られて、といったものである。しかし、好意を寄せているはずの女性を、それだけの理由で殺すことができるものなのだろうか。

こういった事件が起きた場合、同棲など二人の関係から明白なケースもあるが、まずその男女には肉体関係があったと考えられる。それが別れるとなれば、あるいは復縁が叶わないとなれば、自分が持っていると思い込んでいた女性の体に対しての「既得権」が決定的に失われてしまう(それとて、正式に結婚していないのだから思い上がり以外の何物でもないが)。そして、女性はこの大切な「既得権」を奪い取ったのだから、許すべからざる存在となってしまうのだ。その遠因が性衝動にあるという意味では、性犯罪の一種と言ってもいいのではあるまいか。

この高校生たちが実際にはどういう関係だったか詮索するつもりはない。そのように考えた方が、男子生徒の行動が理解しやすい、というだけである。もしもこの仮説が当てはまらないならば、かなり病的なストーカーと考えざるを得ない。