記事一覧

トップ > 野球 > 前途多難な野村楽天

前途多難な野村楽天

楽天・野村監督の就任が正式に発表された。だが、聞くところによれば、早くもチーム補強に関して不平を漏らしているとのこと。確かに、FA宣言した2投手をすんなり巨人に取られているようでは、フロントのやる気が感じられないと言うもの。補強ポイントすら分かっていないのだろうか。

いくら今年度の球団経営は黒字だったとは言っても、ファンは楽天グッズをあらかた買ってしまったわけだから、新規購入はあまり見込めない。よって、来年度は入場料収入が頼りだ。なのにスター選手もおらず、そこそこ見せられる試合もできない、となれば、一年で赤字転落だってありうるだろう。

チームづくりにおけるフロントの重要性は、かつて千葉ロッテが広岡氏をジェネラル・マネージャーに起用したときも、さほど理解されたわけではなかった。しかし、ここ数年で野球ファンの考え方は大きく変わった。低迷するチームの監督にブーイングを送りながらも、フロントの責任をしっかりと認識しているのが今のファンである。果たして楽天のフロント(いや三木谷社長と言うべきか)は、どこまでこのことに気が付いているだろうか。

related page(s) 野球