記事一覧

トップ > 健康 > 喫煙か禁煙か

喫煙か禁煙か

レストランに入って、ウェイターまたはウェイトレスから「禁煙席と喫煙席、どちらになさいますか」と聞かれると、一瞬返事に詰まる。私はタバコを吸わないので、答は決まりきっているのだが、いつもワンテンポ遅れてしまう。

喫煙者は、自分が喫煙するのだから、迷わず「喫煙席」と答えればいいだろう。だが、私はもとより喫煙しないのだから、禁煙もしないのだ。つまり、喫煙と禁煙という、どちらも私とは無関係な単語を並べられて、選択を迫られているのである。

そこで、「喫煙ではない方だから、禁煙席だ」との思考過程を経て、やっと回答するのである。それは、太陽がどの方角から昇るかを問われて、「西から昇ったお日様が東へ沈む」というアニメ主題歌を思い起こしてから、東と答えるようなものだ。

できることなら、単純に「おタバコはお吸いになられますか」と訊いてほしいものだ。タバコを吸うか吸わないかは、私に関わる質問なので、これなら即座に答えることができる。もっとも、その前から「禁煙席をお願いします」と答える準備をしておけばいいだけの話なのだが。

related page(s) 健康