記事一覧

トップ > パソコン > モバイルギアに赤城フォント導入

モバイルギアに赤城フォント導入

DOS 化したモバイルギアの20行表示は、フォントを圧縮しているため、見やすさの点ではもう一つである。そこで、赤城フォントという外部フォントを入れて、もっと見やすくしたいとは思っていたのだが、そのやり方が今までよく分かっていなかった。

もともと赤城フォントは HP100/200LX 用に開発されたフォントのため、付属のドキュメントにはモバイルギアへの導入方法は記載されていない。それどころか、DOS/C 化の記述などに惑わされてしまう。だが、mgdisp2 というディスプレイドライバーに着目して情報を集めてみたら、よく理解できて、すんなり導入することができた。

ともかくも外部フォントをインストールして、文字は圧倒的に読みやすくなった。特に半角の英数字は非常に綺麗である。英数字がずらりと並ぶファイラー画面を見たときは、こんなに変わるのかと驚いたほどである。導入には少し骨が折れるかもしれないが、毎日見るフォントであるからこそ、こだわってみたい。

related page(s) モバイルギア