記事一覧

トップ > 国際関係 > 韓国 > 盧武鉉大統領が遊就館訪問を希望

盧武鉉大統領が遊就館訪問を希望

韓国の盧武鉉大統領が、靖国神社内の博物館である遊就館を訪問してみたいと言ったそうである。実現するかどうかは分からないが、そうなったとしても靖国参拝に理解を示して帰国するわけにはいかないだろう。韓国国民が黙っているはずがないからである。おそらく見学の前から結論は決まっていて、日本ではまだ軍国主義がどうのこうのと「感想」を発表することだろう。

しかし、もしも実際に訪問したら、本音の部分では拍子抜けするはずである。確かに、遊就館は一種の軍事博物館に違いない。戦闘機や武器の展示もある。しかし、ソウルにある戦争記念館と比べたら、ほんの小規模の博物館でしかない。ゆっくり回っても3時間もあれば見終わってしまう程度だ。

戦争記念館の方は、インターネットで何点かの画像を見ただけでも、かなり大がかりな博物館であることが判る。建物も大きく、敷地も広く、戦闘機や戦車やミサイルがいくつも並んでいる。もしも、この両者を見ていながら、なおも日本を軍国主義呼ばわりするならば、かなり不誠実な人物だと思わざるを得ないだろう。