記事一覧

トップ > 議員・選挙 > 民主党 > 無知をさらした小沢代表

無知をさらした小沢代表

民主党の小沢新代表が、報道2001という番組に出演して、「靖国神社は戦争で倒れた人を祀るところだから、A級戦犯を祀るのはふさわしくない」という意味の発言をしたようだ。

当たり前すぎて今更言いたくもないが、戦闘が終わっても講和条約が結ばれるまでは戦争状態が継続しているため、処刑された「A級戦犯」も戦争で亡くなったと見なしうる。また、その点は「B級」「C級」も条件は同じであり、なぜ「A級」だけ問題にするのか不明だ。そもそも、「A級戦犯」は日本の国内法では犯罪者ではない。

小沢氏はかつて保守を自称していたが、前の戦争における日本の言い分を知らず、中国の主張を言いがかりと感じることもないようだ。政権交代を口にしているそうだが、こんな党首と党に、日本の外交を任せたいとは思わない。

related page(s) 脱東京裁判史観