記事一覧

トップ > 環境問題 > 電気を大切に

電気を大切に

もう12月になるかならないかのうちに、クリスマスのイルミネーションがあちこちで飾られている。しかも、光と闇とのコントラストなどはどうでもよくなっており、ただひたすら電球の数と明るさを競っているかのようである。そのような美的感覚の欠如も気になるが、消費しているエネルギーも気にかかる。この全国的なエネルギーの浪費に対して、誰か「暖房がなくて震えてる子供たちがいるのに・・・」と、新聞に投書する人はいないだろうか。日本全国でただ1球団がやっている優勝祝いのビールかけに対して、「食べるものがなくて飢えている子供たちがいるのに・・・」などと憤ってみせる人たちは必ずいるのだが。