記事一覧

トップ > その他・未分類 > 知的生産の心理的技術

知的生産の心理的技術

ここ2日ばかり日記を休んでしまった。書きたいことはいくつかあったのだが、なかなかまとまらず、一種の没原稿となってしまったのだ。

こういった事情で完成させられなかった原稿でも、時を置いて見直せばまた使えそうな気がするものだ。書きかけのテキストを溜めたファイルは、アイデアの宝庫として期待したくなる。しかし、実際に利用することは案外多くないのである。

どうしてそうなってしまうのだろうか。おそらく、編集者としての私が没にしたものを、書き手としての私が未練がましく保存するからではあるまいか。そして、倉庫を再点検しているのは、編集者としての私なのだろう。この自己分析を続けてみたら、知的生産に役立つのではなかろうか。