記事一覧

トップ > 国際関係 > 韓国 > 今更ながら気が付いた民団の大切さ

今更ながら気が付いた民団の大切さ

朝鮮総連と民団が和解に向けてトップ会談を行ったという。朝鮮半島においては、北朝鮮は韓国国内に工作員を送り込み、親北ムードを作り上げていると聞いてはいたが、それが日本の国内でも行われるとは予想もしていなかった。

これまで民団を反日的で鬱陶しい存在だと思っていたが、北朝鮮側に取り込まれそうなこの事態に直面して、もう少し何とか良い関係を築けなかったろうかと悔やむばかりだ。まるで、朝鮮戦争が始まってから、ようやく日本が防共の砦であったことに気が付いたマッカーサーのような気分である。