記事一覧

トップ > 事件簿 > シンドラー社のエレベーター死亡事故への対応について

シンドラー社のエレベーター死亡事故への対応について

シンドラー社が、自社製エレベーターで死亡事故が起きたことを受けて出した声明に対し、憤った人は多いことであろう。原因は、謝罪の言葉がなかったことにある。

しかし、よく考えてみれば、どれだけ可能性が高くとも、今はまだ因果関係が証明されたわけではない。それはゆくゆく裁判で争うことでもある。そうすると、この段階で責任を認め謝罪するのは拙速という見方もできる。

「とにかく謝っておけ」というのは、謝れば万事丸くおさまるときだけの話である。他に責任とか賠償とかが絡んでくると、そう簡単にこの勧告に従うわけにはいかない。釈然とはしないが、謝罪の言葉を引き出す前に、事故の原因究明が最優先となるだろう。