記事一覧

トップ > 「超」整理手帳 > 四つ折りA4紙をひとまとめに

四つ折りA4紙をひとまとめに

「超」整理手帳は、特定のリフィルを買ってこなくても、四つ折りにしたA4の紙を挟んで利用することができるところが便利である。

しかし、この紙がたまってくると、なかなか始末に負えない。過去の記録としてときどき参照したいので、束ねて持ち歩いているが、内容を見るには一枚一枚開かなくてはいけない。あまりにも面倒なので、広げてバインダーに綴じようかとも思ったくらいだ。

ところが最近になって、これを製本してみてはどうだろうと思いついた。紙を袋とじのように折り直して、それを束ねたら、背を木工用ボンドで固めてしまうのである。本格的な製本ではないから、表紙も付けないし、ボンドもそれほど厚く塗る必要はない。それでも、十数枚のメモ用紙が、一冊の本のようになったのだから、使い勝手は抜群に良くなった。

とても簡単なことなので、誰かがどこかで実践し、とっくにネット上でも公開しているかも知れないが、私に関して言えばどこからもヒントを得ていないことをお断りしておく。