記事一覧

トップ > 北朝鮮拉致問題 > 北朝鮮の思うつぼにはまる韓国の拉致被害者家族

北朝鮮の思うつぼにはまる韓国の拉致被害者家族

今日、北朝鮮に拉致されたと見られる金英男氏と、その母親との面会が実現した。再会劇は北朝鮮の思うがままに演出されたに違いない。その対価(いわゆるツケ)は、何らかの形で支払ったか、あるいはこれから支払うことになるのだろう。

会うことさえできればいいというのは、返さなくてもいいと言ってるのと同じだ。しかし、日本も後何年かすれば、「死ぬ前に一目会いたい」と言い出す被害者家族が出てこないとは限らない。今回の二の舞にならぬよう、北朝鮮に時間稼ぎをさせてはならない。

related page(s) 北朝鮮拉致問題