記事一覧

トップ > 北朝鮮拉致問題 > 北朝鮮の不誠実を責めているようであっても

北朝鮮の不誠実を責めているようであっても

金英男氏の記者会見に対するマスコミの反応は、彼が北朝鮮の望む内容を喋らされていた、というもので、まあまあ足並みが揃っていたようだ。

朝日新聞社説の、「これでは日朝国交正常化といっても、世論に受け入れられない」という一文も、一見、この流れに沿った意見のように思われる。北朝鮮の不誠実な態度が日朝国交正常化を阻んでいるのは間違いない。

しかし、見方を変えると、正常化交渉に入れないのは、家族会・救う会の強硬な姿勢が原因だとも言える。事実、北朝鮮側はそう思っていることであろう。

もちろん、私は家族会側に妥協を求めているわけではない。むしろその逆である。ただ、ここで言いたいのは、日朝国交正常化を望む人たちにとっては、拉致問題がその障害に思えてもおかしくない、ということである。

だから、この会見を扱った番組や記事の中で、「これでは国交正常化どころではない」とコメントした人たちが、本当に拉致を憎み、被害者家族に同情しているかどうかは、怪しいと言わざるを得ないのである。

related page(s) 北朝鮮拉致問題