記事一覧

トップ > 国際関係 > ロシア > ロシア専門書店・ナウカよさらば

ロシア専門書店・ナウカよさらば

神保町から日ソ図書が撤退して以来、ただ1軒残っていたロシア専門書店のナウカが、今月いっぱいで閉店すると聞いた。今更売上げに貢献しても店の存続は不可能だが、このままだと従業員の給料が出ないので、在庫を処分しているとのこと。ロシア語に興味があっても読めない私には、CD以外買うものがあるかどうか疑問だが、この値段なら買ってもいいか、と思えるものはあるのではなかろうか。

旧店舗のときは店が広く、店員との間に適当な距離感があったので、買うものがなくてもよく店内をうろついたものだ。新店舗に移転してからは条件が変わったため、目的無しには何となく入りにくく、店の前を通り過ぎるだけで立ち寄ったことはなかった。まさか私と同じように感じた人が大勢いて、それが経営に響いてしまったのだろうか。ともかく、それなりに想い出のある店が消えるのは寂しいことである。

related page(s) ロシア