記事一覧

トップ > 事件簿 > 加害者の気持ちも考えよう

加害者の気持ちも考えよう

ここのところ、飲酒運転による轢き逃げ事件のニュースがよく入ってくる。この間、福岡で3人の子供が亡くなるという痛ましい事故があったばかりだというのに。せめて大きな事故の直後くらい、酒を飲んだら運転するのを控えられないものなのだろうか。もちろん飲酒運転は常に許されないことなので、それを一定期間だけでも自粛しろというのはおかしな話だ。しかし、そういう人間らしい反応が期待できなくなっているのも事実なのである。

反対に、酒を飲んだドライバーは、事故を起こしてしまってからは実に人間的な反応を見せる。法の裁きと償いを選ぶか、その全てから逃れるか、二つに一つの選択を迫られて、安易な方を選ぶ。何をしなければいけないかは分かっている。だが、明日は大事な用事がある。現場検証も取り調べも、今だけは勘弁してほしい・・・。

飲酒運転に対する厳罰化を叫びたくなることはままある。それが実現すれば、飲酒運転をいくらか防ぐことができるかも知れない。しかし、事故を起こしてしまったときに、いかに逃げたくなる気持ちを抑えて、自首に向かわせるかという手だても考えたい。加害者不明では、その罰すら与えることができないのだから。