記事一覧

トップ > その他・未分類 > 渋谷公会堂が「C.C.Lemonホール」へ

渋谷公会堂が「C.C.Lemonホール」へ

今回、サントリーが渋谷公会堂の命名権を取得した。新名称は「渋谷C.C.Lemonホール」となるそうだ。赤坂のサントリーホールと名前の重複を避けたのか、企業名こそ使われなかったが、区の所有する公共施設というイメージは失われた。

思えば、Jリーグが発足する前後、「地域密着」「地元密着」という言葉がやたらに叫ばれた。球団名から企業名が消え、代わりに地名が付けられた。同時に、球団名に企業名を冠するのが慣例であったプロ野球が痛烈な批判を浴びた。つい数年前、巨人がビジター用ユニフォームに、それまでの TOKYO に代えて YOMIURI の文字を入れたときも、時代に逆行していると叩かれたものだ。

それが最近、こうして企業名・商品名を、野球場などの施設に名付けることが多くなっている。今やJリーグのユニフォームは、企業名を冠していたころよりも露骨な宣伝媒体だ。まさに「逆行」のはずだが、あまり批判は聞かない。あのとき、企業と球団名を巡る議論で、あれだけ企業を目の敵にしていた評論家たちは、今何を思っているのだろうか。

そんなことを考えていろいろ検索してみたが、どうやらプロ野球の2軍から企業名を外す手段として歓迎しているようである。「地域密着」などともっともそうなことを主張するが、ただ巨人が嫌いなあまりその場限りの難癖を付けているだけなのでは、と邪推したくなる。