記事一覧

トップ > 教育 > 地方裁判所は非常識

地方裁判所は非常識

「また地裁か」と思わずにいられなかった。東京地方裁判所が、学校の式典において、国旗に対し起立したり、国歌を斉唱することを教員に命ずる通達に対し、違憲判決を下した。

その理由の一つが「日の丸・君が代は中立的ではないから」だと聞いて、あきれてしまった。自国の国旗国歌を偏ったものと見る国が一体どこにあるのだろうか。例えいくつかあったところで、日本もそれに倣うほどの普遍性があるのだろうか。

憲法は思想・良心の自由を認める。だから一般論としては、国旗・国歌を嫌う思想も尊重する必要がある。だが、公立の学校において、そんな反国家的思想と、国旗・国歌を尊ぶ思想とが、等価値などということはありえない。控訴審ではもっとまともな判決が出ることを期待したい。

related page(s) 偏向教育