記事一覧

トップ > 北朝鮮拉致問題 > 官房長官および拉致問題担当の塩崎恭久氏とは何者か

官房長官および拉致問題担当の塩崎恭久氏とは何者か

安倍新内閣の官房長官として塩崎恭久議員が入閣し、同時に拉致問題の担当相となった。拉致問題のために大臣が任命されたことは喜ばしい。だが、その人物の名は正直言って知らなかった。どのような人であろうか。

そこで、私が無知なのか氏が無名なのかを確認すべく、メーラーに保存してある「救う会全国協議会ニュース」のバックナンバーに検索をかけてみた。すると、過去2年と少しの記事の中で、ただ1度名前が出ただけである。知らないのも無理がない、と勝手に納得した。ちなみに、拉致議連所属かどうかは確認できなかった。

しかしながら、拉致問題担当相は被害者家族と直に接する役目であり、何より安倍内閣の目玉の一つでもある。ここは総理の人選を信頼しようと思う。