記事一覧

トップ > 落語 > 寄席通い

寄席通い

以前はよく寄席に行ったものだが、最近はご無沙汰だ。どうせ行くならお目当てが多い方がいい。しかし、知っている名前が少ないと、どうもその気にならない。本当は、名前を覚えていないだけで顔を知っている芸人もいるだろうし、名も知らぬ芸人が抱腹絶倒の噺をするかも知れない。昇進して名前が変わっていることも大いにあり得る。そうこうしているうちに、知らないから行かない、行かないから覚えられない、という悪循環に陥っていることに気が付いた。出演者のことなど考えず、思い切って行ってみることが必要かも知れない。

related page(s) 落語