記事一覧

トップ > カトリック > 教会ラテン語の予習 > 教会ラテン語の予習 [22] 聖霊降臨後第23主日

教会ラテン語の予習 [22] 聖霊降臨後第23主日

今度の主日に行われる聖霊降臨後第23主日のミサから。朗読箇所は、フィリッピ人への手紙(3:17-20)と、マテオによる福音書(9:18-26)。

書簡も福音もいつもより長めで、どこを取り上げたものやらと思ったが、印象に残っている主の言葉を見ておこうと思う。まだ語順には慣れないが、せめて命令文だけでも聞き取れるようにしたいと思う

 (1) Confide, filia, fides tua te salvam fecit.
 (2) Recedite, non est enim mortua puella, sed dormit.

(1)「信頼せよ」というラテン語は、よく見かけるようではあるが、どこに使われているのかあまり記憶にない。同じ章の2節にはもう1つ用例がある。(2)「みな下れ」は、ペトロに向かって言った「サタン、引き下がれ」とニュアンスこそ違え同じ単語かも知れないと思ったが、こちらは vade であった。