記事一覧

トップ > パソコン > 未だに残るペーパーレスの幻想

未だに残るペーパーレスの幻想

電車の釣り広告に「ペーパーレス情報整理術」という見出しを見付けた。パソコンを使っている人なら、誰でもその内容は想像がつくだろう。スキャナーで文書を読み込み、それをOCRソフトで文書化すると、自在に検索ができるようになるから紙の書類が要らなくなる、という触れ込みの特集だ。

一昔前ならこういう話に希望を抱いたかも知れない。しかし、それを試した人は、たいてい長続きせず断念している。書類を1枚捨てるのにも、けっこうな時間がかかるからだ。ましてバインダー1冊分のスペースを空けるのに、何回スキャンをしなければいけないか、考えるだけで嫌になる。それならば、ペーパーよりもっとかさばる「モノ」の整理を考えた方がずっといいだろう。

このパソコン雑誌の編集者たちもそのことを知らないわけがない。ということは、まだ挫折を経験していない人たちにスキャナーやソフトを買わせるため、定期的に取り上げているのだろう。

私自身について言えば、PDF文書をじっくり読みたいときは紙に印刷するし、ものによっては製本までしてしまう。プリンターやコピー機がある限り、印刷されたものを手元に置きたい願望がある限り、そう簡単に紙がなくなる訳がないのである。

related page(s) パソコン 製本