記事一覧

トップ > 議員・選挙 > 古屋圭司議員が自民党復党へ

古屋圭司議員が自民党復党へ

郵政民営化法案に反対し無所属となった拉致議連事務局長の古屋圭司議員が、昨日古巣自民党へ復党願いを提出した。復帰がかなった場合、党内でどのような処遇となるか分からないが、無所属でいるよりも活躍の可能性が拓けてくるということならば歓迎したい。

それにしても、最近「造反」という言葉がもっぱら鍵括弧なしで使われているような気がする。マスコミがこのまま定着させたいと考えているのか、それとも単に言葉遣いに無頓着なのか。こんな状態を放置しておくと最初にレッテルを貼った者が世論をリードするのではないかと危惧する。

related page(s) 拉致議連