記事一覧

トップ > 北朝鮮拉致問題 > 映画「めぐみ」が一部映画館で早くも上映終了へ

映画「めぐみ」が一部映画館で早くも上映終了へ

年末年始のいわゆる「正月映画」が話題になる今日この頃、拉致被害者救出活動に携わる人たちが注目している映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」が、押し出されるかのように、一部映画館での上映が打ち切られる。

あまり人が入っていないので打ち切りが心配だ、という声はちらと聞いたが、そんなに早いとは思っていなかった。しかし、こうなった以上、全国の救う会は地元の映画館の支配人と交渉して、持参すると料金が割引になるチラシの発行を認めてもらうとか、署名用紙を持っていったら半額にしてもらうとか、何かしら手を打ってほしいものである。