記事一覧

トップ > 国際関係 > 韓国 > 盧武鉉大統領の妄言

盧武鉉大統領の妄言

韓国の盧武鉉大統領が日本に謝罪と賠償を要求したというニュースを聞いて、呆れ返ってしまった。日韓条約で「完全かつ最終的に解決された」ことをまた蒸し返したのだ。

個人補償の問題については、日本側はすでに韓国に補償金を一括して支払っている。その金で補償を行わずに、インフラ整備に充て、つい最近までその文書を非公開にしてきたのは韓国政府の方ではないか。

また、謝罪ならこれまでに何度もしている。だが、「完全かつ最終的に解決された」ことを謝る必要は何もなかったはずだ。むしろ、この件で謝罪することは、盧武鉉発言とは別の意味で日韓条約を蔑ろにする行為であり、日本国民への裏切り行為である、と認識を改める必要がある。

related page(s) 憂国