記事一覧

トップ > 知的生活 > 早稲田の古本屋

早稲田の古本屋

今日は久々に早稲田の古書店街を歩いた。歩いただけならばいいが、やはり何かしら買ってしまう悪い癖が出た。少し反省しなければならない。

それでも、高いと感じる本は遠慮したわけだが、売値はいつも適切についているとは限らない。値段の交渉をしてみたくなることもたびたびある。と言っても、あまり馴染みでもない店で値引きを頼むのは気が引ける。

こういう場合、店の主人は、あきらめて黙って立ち去るくらいなら、むしろ声をかけて欲しいと思っているのだろうか。一度訊いてみたいものである。