記事一覧

トップ > サッカー > 日本代表勝利の影で

日本代表勝利の影で

昨日のワールドカップアジア最終予選、バーレーンとの試合で、日本代表が辛くも逃げ切った。一方で北朝鮮代表は、地元開催の試合でイランに負けた。試合終了後、審判の判定に起こった観客が暴徒と化し、イラン代表のバスを取り囲む騒ぎが起きた。これが原因となって、FIFA が次回の北朝鮮戦の開催地を変更させるかも知れない。そうなったら、日本からの外貨獲得を期待する北朝鮮には打撃だろう。

民度が低いと言ってしまえばそれまでだ。だが、このようなケースでは誰もがこの騒ぎに参加しなければならず、大人しくしているとかえって身の危険につながるのかも知れない。そうすると、日本の野球で乱闘騒ぎが起きたとき、ベンチにいる選手はみんなグラウンドに出なければいけないという不文律に通じるものがあって興味深い。この暴動も一つのマスゲームだったのかもしれないと考えると、少し哀しいものがある。