記事一覧

トップ > パソコン

ACアダプターの修理

家で使っているACアダプターの1つは、プラグ付近が断線しかけていることが判った。こういうものを直した経験はないが、どうせ切ってハンダ付けするだけだろうと、作業に取りかかることにした。

プラグを切り離し、クッションのゴムを取り去ると、金属部分が剥き出しになった。そこに銅線のハンダ付けを試みたのだが、思いのほか手間取った。ハンダがコテからなかなか離れないのだ。作業しにくいことこの上ない。それでも何とかハンダを盛って、接続には成功した。見た目は悪いが、電気的には問題ないはずだ。

今はビニールテープで仮止めし、慎重に使っている。だが、ぐるぐる巻きにするとそのうち癒着するテープがあるらしいので、どこかで見付けたい。

related page(s) パソコン

古いノートパソコンの活用法

新しいバッテリーを買ってからも、電源が急に落ちるトラブルは続いている。そのバッテリーが未使用品だったことは間違いないが、何か問題のある品物だったのかも知れない。安物買いの何とやらだったのだろうか。

いずれにせよ、電源が切れるときはバッテリー残量はゼロに近い。そこで充電が必要になるが、その間は何の作業もできない。せめて文書作成だけでもできればと、かろうじてWindows環境が健在な古いノートパソコンを引っぱり出した。そのとき、何の気なしにバッテリーを取り出してみたら、意外や意外、容量こそ違え同じタイプではないか。

そのような顛末で、かの古いノートは予備のバッテリーを充電するための巨大なバッテリー・チャージャーとして稼働することになった。これで、いつ電源が落ちても、バッテリー交換さえすればその場をしのぐことができる。問題解決とまでは言わないが、かなりの慰めとなった。

related page(s) パソコン

未だに残るペーパーレスの幻想

電車の釣り広告に「ペーパーレス情報整理術」という見出しを見付けた。パソコンを使っている人なら、誰でもその内容は想像がつくだろう。スキャナーで文書を読み込み、それをOCRソフトで文書化すると、自在に検索ができるようになるから紙の書類が要らなくなる、という触れ込みの特集だ。

一昔前ならこういう話に希望を抱いたかも知れない。しかし、それを試した人は、たいてい長続きせず断念している。書類を1枚捨てるのにも、けっこうな時間がかかるからだ。ましてバインダー1冊分のスペースを空けるのに、何回スキャンをしなければいけないか、考えるだけで嫌になる。それならば、ペーパーよりもっとかさばる「モノ」の整理を考えた方がずっといいだろう。

このパソコン雑誌の編集者たちもそのことを知らないわけがない。ということは、まだ挫折を経験していない人たちにスキャナーやソフトを買わせるため、定期的に取り上げているのだろう。

私自身について言えば、PDF文書をじっくり読みたいときは紙に印刷するし、ものによっては製本までしてしまう。プリンターやコピー機がある限り、印刷されたものを手元に置きたい願望がある限り、そう簡単に紙がなくなる訳がないのである。

related page(s) パソコン 製本

泣く泣く買ったバッテリーパック

続報を怠ってはいたが、ノートパソコンの電源トラブルは相変わらずである。こんな状態では、印刷をセッティングして任せておくというわけにもいかないので、とうとう新しいバッテリーをネットオークションで購入した。こんな出費をするくらいなら、他の部分をアップグレードするか、新しいパソコンを買うための資金に回したかったが、そうも言ってられなかった。今のところ順調に動いているが、まだ少し心配だ。もしこれでまた電源が落ちるようなら、原因が別のところにあるのだから。

related page(s) パソコン

ノートパソコンの電源が突然落ちる怪 2

先日、ノートパソコンのバッテリーが思うようにならない話を書いたが、悪戦苦闘はまだ続いている。

あれこれ考えた結果、バッテリーの残量表示が既に怪しいという結論に達したものの、何をどうすればよいのかは見当が付かない。とりあえずフル充電して、ACアダプターをつながずに使い切るということを2度繰り返した。だが、やはりいずれの場合も、急に残量がなくなってアラーム音が鳴り出した。

しかし、ふと、怪しいのは残量が多いときの表示ではなく、少ないときの表示ではあるまいか、と思った。つまり、あと3分などと表示してはいるが、実はまだまだ使えるのではないか。

そこで、念のためアプリケーションの類は全部終了させて、そのまま放置してみた。すると、何も操作を行っていないとはいえ、30分くらいは動きつづけていたのだ。まだ解決したわけではないが、何かが分かりかけてきたような気がする。

related page(s) パソコン

※新日記に関連記事あり。

ノートパソコンの電源が突然落ちる怪

ここ数日、ノートパソコンの不調に悩まされている。使用中に突然電源が落ちるのだ。もしもハードが故障したとなれば、買い換えと再インストールと再カスタマイズとを覚悟しなければならない。新しいパソコンに期待することはなくもないが、予期せぬ出費は余りにも痛い。ともかく、パソコンを立ち上げてから電源が落ちるまでの時間を使って、検索でいろいろと原因を調べてみた。

まずは電源周りである。ACアダプターが繋がっていても、バッテリーが消耗しているとこういうことが起きるらしい。だが、フル充電とは言えないまでも空とはなっていない。他には、CPU周りの温度が上がりすぎると、安全装置が働いてシャットダウンすることがあるらしい。しかし、落ちたときのノートパソコンの裏を触ってみても、決して熱くはなかったし、これまではもっと熱くても問題なく動作していた。

そこで、もう一度バッテリーを疑ってみることにした。パソコンがバッテリー容量を間違って計測している可能性がある。取りあえず、一度放電をしてみることにした。すると、最初60パーセント以上を示していたのが、いきなり残り3パーセントとなり、警告音を発し始めた。それで再充電をして、電源を入れてみたら、今度は安定して動いている。取りあえずは安心しているが、いつまで持つだろうか。

related page(s) パソコン

※新日記に関連記事あり。

Windows98/MEのサポートが終了した後は

先日、マイクロソフト社が Windows98 と ME のサポートを終了した。ME はどうだか知らないが、少なくとも Win98 に関しては一度延長してもらっているので、特に文句はない。

これまでのアップグレードにしても、ほとんどが「Internet Explorer の脆弱性」に関するものだった印象だ。メインのブラウザに Opera を使っている私としては、なぜ毎度毎度不具合もないのにアップグレードを要求してくるのかと思っていたくらいなので、今後も特に困るとは思えない。

しかし、そのように思うのも、不具合だらけの OS に慣れてしまったからなのだろう。というのは、もしこれが使用中のソフトウェアであったならば、作者に修正を要望するメールを出していたかも知れないのだから。

related page(s) Windows98

ウィルス感染が疑われる症状

コンピューターの調子が思わしくない。今日だけで再起動を複数回行っている。レジストリをいじったせいかと思っていたが、ネットで調べてみるとウィルスに感染している疑いもある。こうして日記を書いている裏では、ウィルス駆除ソフトがハードディスク内を隈無くチェックしているので、動作がもっさりしている。とてもではないがはかどらないので、今日はこれまで。

related page(s) パソコン

ファイル共有ソフト Winny について

Winny を導入したパソコンから、あらぬ情報が漏洩していたという報道を、最近よく聞く。私もかなり前に、この手のソフト(Winny そのものだったかも知れないが)を、試しで入れてみたことがある。すると、珍しい音楽のファイルをいくつかダウンロードすることができたので、幾分喜んでいた。ところが、後に、私がダウンロードした音楽ファイルを、また誰かがダウンロードしようとしているのに気が付いた。どこの誰とも分からない人から自分のパソコンにアクセスされるのは気味が悪い。早速アンインストールして、それっきりこの手のソフトウェアは利用していない。

related page(s) ソフトウェア

モバイルギアに赤城フォント導入

DOS 化したモバイルギアの20行表示は、フォントを圧縮しているため、見やすさの点ではもう一つである。そこで、赤城フォントという外部フォントを入れて、もっと見やすくしたいとは思っていたのだが、そのやり方が今までよく分かっていなかった。

もともと赤城フォントは HP100/200LX 用に開発されたフォントのため、付属のドキュメントにはモバイルギアへの導入方法は記載されていない。それどころか、DOS/C 化の記述などに惑わされてしまう。だが、mgdisp2 というディスプレイドライバーに着目して情報を集めてみたら、よく理解できて、すんなり導入することができた。

ともかくも外部フォントをインストールして、文字は圧倒的に読みやすくなった。特に半角の英数字は非常に綺麗である。英数字がずらりと並ぶファイラー画面を見たときは、こんなに変わるのかと驚いたほどである。導入には少し骨が折れるかもしれないが、毎日見るフォントであるからこそ、こだわってみたい。

related page(s) モバイルギア

ページ移動