記事一覧

トップ > 野球 > 千葉ロッテ

千葉ロッテマリーンズが31年ぶり日本一

日本シリーズの第4戦で、千葉ロッテマリーンズが阪神を破り、31年ぶりの日本一に輝いた。ロッテが強かったのも確かだが、阪神はどうしてしまったのかというような負けっぷりであった。阪神の選手が、悔しがるというよりただ呆然としていたのが印象的だった。

さて、そうなるとまた楽天がロッテ優勝セールを始めるものと思われる。プレーオフ制覇のときの優勝セールは終わったが、リンクはまだ貼ってある。キャンペーンが始まったら、そこで貼り替えようと考えているからだ。

related page(s) 野球

勢いは止まりうる

日本シリーズで今日も千葉ロッテが阪神に勝ち、これで3連勝。日本一まで後1勝となった。このシリーズの始まる前から、プレーオフを勝ち上がってきたロッテに勢いがあるとされており、今のところ、その通りの結果が出ている。もちろん私もロッテの勢いを感じないではないし、9割方シリーズを制するだろうとは思う。

だが、プレーオフの対ソフトバンク第3戦で優勝を目前にしながら一度逃したことや、最終戦で初芝のラッキーな内野安打から逆転に結びつけたことなど、一つのプレーから流れが変わる野球の面白さや怖さを、我々はつい最近学んだばかりではないか。にもかかわらず、勢いばかりが語られるのはどうかと思う。

related page(s) 野球

なぜロッテは失速したか

今シーズン前半戦を快調に勝ち進み、セ・パ交流戦でも優勝したロッテが、最近思わしくない。今日の試合はかろうじて勝利したとはいえ、首位ソフトバンクとの差が6ゲームというのは、いくら何でも離されすぎである。

原因はいろいろ考えられるし、複合的であるかも知れないが、ここではバレンタイン監督の手腕を疑ってみたい。と言っても、テレビで試合を観戦しているわけではないので、采配がどうこうという話ではない。

バレンタイン監督と言えば、1995年のシーズンにロッテを2位に導いたことが印象的かもしれない。しかし、それは監督の力とは言い切れないのだ。そのときのGM広岡達朗氏が著書『成功への羅針盤』(産経新聞社)で明かしているところに拠ると、バレンタイン監督は、チームの調子が悪いと単に疲労のせいとし、休養を与えてしまうそうだ。そこで広岡GMが自らグラウンドに足を運び、選手に練習の中で調子を取り戻させたとのこと。

その甲斐あって、最後の追い上げでその年の2位に浮上したというのが、広岡氏の分析である。したがって、ロッテがこのまま再浮上の機会がつかめなかったとしたら、広岡氏の分析を裏付けすることになる。さて、今後はどうなることか。

related page(s) 野球

プロ野球解説者のおかしな解説

今、千葉ロッテマリーンズが好調である。ロッテが春先だけ強いのは珍しくないが、今年は5月後半に入っても首位を維持しているから、本物かも知れない。現在、チームの防御率と打率がともに両リーグを通じて1位で、盗塁数も多いという(未確認だが、これも1位かも知れない)。

これを解説者が「走攻守のバランスがいい」と評したのを聞いたが、おかしな言い方ではないだろうか。それはバランスがいいのではなくて、単に全てがいいのである。もっと言わせてもらうならば、得点が失点を適度に上回ってさえいれば、盗塁数に関係なくバランスはよいのである。このような解説者は、走攻守全てが同じように悪かったら一体何と言うのだろうか。聞いてみたいもの・・・いや、聞いても仕方がないか。

related page(s) 野球

韓国で公式戦をやるくらいなら

プロ野球の千葉ロッテマリーンズが、韓国での公式戦開催を断念した。理由は採算が取れないから、とのことである。以前も日記でそのことを心配したのだが、やはり無理だったようだ。

日本の公式戦では、韓国のスタジアムを地元の人で満員にすることはできない。例え巨人戦でも難しいだろう。

提案したいのは、日本でやっているオールスターゲームを1試合だけにして、その代わりに日韓のオールスターでもう1試合を行うことだ。開催は日本と韓国で1年ごとに交互に行えばいい。これならば、日本のオールスターの方は出場選手数が絞られて内容が濃くなるだろうし、対抗試合は国際試合だけに盛り上がるはずだ。

related page(s) 野球

採算は取れるか

来年度、千葉ロッテマリーンズが韓国で公式戦を行い、始球式には某人気俳優を呼ぶとのこと。しかし、韓国チームとの交流戦ならともかく、日本チーム同士の試合を韓国人が見に来るなどとは到底思えない。2002年のワールドカップでは韓国代表の試合は超満員だったが、それ以外の試合は客が入っていなかったとの噂がある。実際、インターネットでも、韓国での試合ならチケットが取れそうだったのを覚えている。すでに日本からの観戦ツアーを組むような話も出ているが、韓国の球場を日本人で埋めても高が知れている。おそらくは帰りのロッテ免税店での売り上げで、入場料の不足を埋め合わせる算段なのだろう。それにしても、韓国人選手のイ・スンヨプが話題にならないのは寂しい。

related page(s) 野球

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ