記事一覧

トップ > 野球 > 読売巨人軍

小笠原選手のFA移籍について思うこと

もはや昨日のニュースなのだろうが、日本ハム・小笠原選手の巨人移籍が決まった。そのような雰囲気はこれまでのインタビューからもうかがえたので、特に驚くこともなかった。ただ、決め手は年俸の額というより、4年という複数年契約だったそうだ。それくらいなら日本ハムも提示してよさそうなものだが、選手の故障歴などをよく知る球団の判断だから、外からとやかく言っても仕方がないことである。

それにしても、移籍くらいで「十字架」なんて言葉が飛び出すのは、どうかと思われる。何も遺恨のあるライバル球団へ行くというわけではないのだから。

related page(s) 野球

巨人のフロントは誰が責任を取るのか

巨人軍の堀内監督が辞任を表明し、後任の監督には原辰徳氏が返り咲いた。誰もが思い、また口にしたのは、「この2年間は何だったのか」という一言だろう。あの年は3位に終わったとはいえ、原氏は前年度の優勝監督である。それを解任して、監督未経験の堀内氏を擁立する必然性がどこにあったのか。あの監督交代劇が、以後2年間の低迷(優勝を逃したどころか、ペナント争いにも加われなかった)にもつながっていることを考えると、主導したフロント側も誰かが責任を取らなければなるまい。

related page(s) 野球

星野巨人監督が誕生しても

巨人が星野仙一氏に対して、監督就任の要請をしたとの噂が流れている。巨人OB以外から監督を招聘するのは驚きだが、かつて中日・阪神を優勝させた手腕を評価するのは分からないでもない。

「古い伝統にしがみつくべきではない。巨人出身であろうがあるまいが、優秀な監督にチームを預ける。」一見思い切った決断であるように見えて、実は傾いた組織に必然的なものである。なぜなら、そのようなことを言い出す前から、伝統は蔑ろにされてきたからだ。それは、なりふり構わない補強にも現れている。

巨人の低迷は、「巨人の野球」を受け継いで伝えていく、という仕組みが崩壊しているからこそ起きているのである。まずそれを立て直さない限りは、監督を代えて1度くらい優勝にこぎつけることはできても、常勝チームは作れまい。

related page(s) 野球

次期巨人監督人事

巨人は、開幕からの成績不振のため、一軍二軍のコーチ陣を入れ替えて後半戦に望むとのことである。と言っても、シーズンが終われば監督の責任が問われることは必至である。

そこで、数名の人物が次期監督の候補として噂されている。個人的に相応しくないと思う人物もいるが、人気からいって誰が監督になっても不思議はない。ただ、コーチ経験すらない者さえ候補に挙がるのは納得行かない。

related page(s) 野球

ストライキ報道の陰で

巨人の須藤ヘッドコーチが今シーズンの成績不振の責任を取って辞任するという報道があった。私は参謀の仕事については非常に興味があるので、監督交代劇よりも気になるニュースだ。残念ではあるが、年齢的なことを考えれば、ヘッドコーチを辞めることに異論はない。ただ、できればドン・ジマーのような名物ベンチコーチとして、いつまでも現場にいてもらいたかった気もする。

related page(s) 野球

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ