記事一覧

トップ > 議員・選挙

選挙の投票率について

参議院の選挙運動が真っ盛りだ。しかし、今回も低い投票率が予想されている。

確かに、投票率が高ければ良いというものではない。政治に感心の高い、少数精鋭の有権者たちが選んだ方が、良い結果がもたらされるという見方もできる。

だが、長期的に見れば、政治への無関心は国民の利益にはならない。将来の候補者は、現在の投票者の中から現れる。この絶対数が少なければ、現れる候補者の質もたかが知れているというものだ。投票率は、次の世代の選挙のために非常に重要なのである。

田中眞紀子議員について

田中眞紀子とはどういう政治家なのだろう、とふと思った。何かを話せば、「辛口」「バッサリ」という見出しで報道される。しかし、彼女は政治評論家やコメンテーターではないはずだ。

テレビで見かける姿は、地元講演会の様子か、記者に取り囲まれてのインタビューか、どちらかである。呼ばれないのか断っているのか、テレビの討論番組に出ているのを見たことがない。

国会内で影響力があるわけではない。ご意見番という歳でもない。オピニオン誌に論文を寄稿することもない。一体、政治家としては何をしているのだろうか、つくづく不思議に思う。

ページ移動