英語教育

知的生活の模倣英語英語教育

Webmaster's Note

英語教育についての論争は長い歴史がある。人が思いつきそうな改革案は語り尽くされていると言っても過言ではない。英語教育の成果がなかなか挙がらないことに憤って新聞に投書をする前に、下に紹介する本のうちからせめて一冊だけでも目を通して欲しい。

P.S. 現在は、『英語教育大論争』を強く強く推す。

Books

川島幸希 『英語教師 夏目漱石』 新潮選書Amazon.co.jp

英語教師としての夏目漱石に焦点を当てた本ではあるが、当時の英語教育の教材やレベルを知ることができる。

永盛一 『スタンダード英語講座(9) 英語の教育』 大修館書店Amazon.co.jp

教職課程の英語科教育法のテキスト。この一冊で英語教育と英語教育論争の歴史が概観できる。

平泉渉/渡部昇一 『英語教育大論争』 文藝春秋
平泉渉/渡部昇一 『英語教育大論争』 文春文庫 ★★ Amazon.co.jp

平泉議員が発表した試案に対して、渡部氏が『諸君!』誌上で反論したことをきっかけに始まった、本格的な英語教育論争。平泉氏は英語教育の成果は挙がっていないとして、一部の学生にのみ集中訓練をほどこすべきとする。一方、渡部氏は学校英語に知能開発の意義を認め、教室でできることをきちんとやらせるべきとする。二人のそれぞれの立場は、「実用英語」VS「教養英語」のようにレッテルが貼られることもあるが、もちろんそれほど単純ではない。今から約30年前の論争だが、今でもその価値を全く失っていない。

渡部昇一/松本道弘 『英語の学び方―あなたの英語力をより高めるために』 ワニのNEW新書 ★★★ Amazon.co.jp

英語教育大論争の論客である渡部氏と、英語道という独自の道を歩む松本氏による対談。英語教育についての本ではないが、二人が語る英語学習法の中に、英語教育のあり方を考えるヒントが満載。

伊藤和夫 『予備校の英語』 研究社 ★★ Amazon.co.jp

『英文解釈教室』など多数の参考書を執筆し、駿台予備学校で活躍した伊藤和夫氏が雑誌等に載せた原稿をまとめたもの。予備校講師の立場から英語教育の問題点を鋭く指摘している。また、山崎貞・小野圭を初めとする英文解釈の参考書がどのように変遷したか、という話も興味深い。

Videos

「クレイジー・イングリッシュ」 DVDAmazon.co.jp

中国のカリスマ英語講師の活躍と中国人の英会話熱を描くドキュメンタリー映画。会場を埋め尽くす中国人たちが一生懸命英語を発音している姿を見ると、日本人としてはうかうかしていられない気持ちになる。

Quotes

私の言う潜在能力開発としての英語教育の概念はかなり具体的なものである。つまり、「英米の知識階級相手の知的散文、あるいはトマス・ハーディ程度の小説を、一ページ三十分かかろうが、一時間かかろうが、正確に読めること。和英を頼りでもよいから筋の通った作文を書けること。ごくごく初歩の会話ができること」である。これなら昔もできたし、今でも立派にできるのだ。 ― 渡部昇一


Home Sitemap

Related Pages

英語学習
日記(学力)

Recent Posts

Ads

Amazon.co.jp トップセラー 「英語・外国語」

楽天ブックス ベストセラー


知的生活の模倣     サイト概要  |  管理人プロフィール  |  友情リンク  |  サイトマップ  |  メール  |  旧日記  |  新日記  |